忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[237] [236] [235] [234] [233] [232] [231] [230] [229] [228] [227]

●最古のパピルスが明かすもの

http://www.eloquentpeasant.com/2014/11/19/the-oldest-papyri-ever-discovered/

(たまに意訳で…)

***

 【最古のパピルスからはピラミッド建設についての記録が発見できたし、なぜエイリアンがピラミッドを作っていなかったかを論証します】
2014年11月19日 by Margaret

 最近私はDavid McRaney から
 ‘You Are Not So Smart’というポッドキャスト向けのインタビューを受けました。
 自己妄想と「信仰」の性質についてのインタビューです。
 彼は私に、常に一定の人気を集める「宇宙人ピラミッド建造説」について暴き出そうと(2007年にこのブログで記事を書きましたが)尋ねてきました。
 私はこの話し合いをするまで、「ピラミッドは砂漠の真ん中にぽつんと建っているんだから、人間が建造できるわけがない」と思ってる人がいるなんて、思いもしませんでした。(実際にはぜんぜん違っていますね。写真はギザで撮っているのですが、そう狙って写しているのです――グーグルのストリートビューをご覧になれば分かります)。
 私たちの話し合いはこちらで全てご覧になれます。http://youarenotsosmart.com/2014/09/30/yanss-podcast-033-the-psychology-of-forming-keeping-and-sometimes-changing-our-beliefs/
 この話題に再び触れたことで、私は最近の、ピラミッドの正しい起源についてをより明らかにする発見について、こうしてちょっとした記事を書く気になったのです。


  メディアがあなたに何を信じさせようとするかに関わらず、
 我々は確かに、ギザのピラミッド群とその構造について非常に多くのことを知っています。
 しかし、常に新たな発見が私たちの理解を拡大し続けているのです。
 最近の発見のうち最も興味深いものは、ギザよりずっと遠い場所、ワディ・エル=ジャルフWadi el-Jarfでなされました。
 そこでは考古学者らが、世界中で知られる港の中で最も古い、約4500年前の――ピラミッド時代の港を発掘しています。

 (写真はワディ・エル=ジャルフの地下道通路のひとつで、解体した船を保管するために使われていた。photo by G. Marouard)

 紅海周辺の遺跡の調査は Pierre Tallet氏が率いるパリ・ソルボンヌ大学と、 Gregory Marouard氏が率いるシカゴ・オリエント協会の調査隊によってなされました。
 彼らはここで、交易や採掘のための遠征に使われた船の解体されたものの残がいが、変わった地下通路――34mもの長さで、岩壁を掘削して作られている――に保管されていることを明らかにしました。
 しかし彼らのこれまでで最もすばらしい発見は、一連のパピルスの破片であり、それには、ギザのピラミッド建造を支援したチームの日誌が書かれていました。

 (すばらしい発見――ピラミッド建造過程を証明する実際の文書『メレルMererの日誌』。ピラミッド(「クフの地平」)の記述を示す写真)


 100以上の破片が、監督官メレル率いるチーム――約200人男たちで成る――の日々の行動を記録した、個人の日誌を形作ります。
 時間割が二つの段に分けて書かれ、良質な石灰石のブロック(ピラミッドの外装に用いられた)をトゥーラにある採石場からギザへ輸送することについての記録になっています。
 これによると、ナイル川やそれに繋がる運河を用いて、『クフの地平』と呼ばれたピラミッド建築現場まで、約10kmの道のりを4日かけて運ばれました。
 こうしたの活動を記録した日誌には、三ヶ月以上もの期間が記録されていました。

(ワディ・エル=ジャルフの発掘現場にて、そのパピルスの写真 by G. Pollin)

 メレルの日誌には、『ロ-シェ クフ Ro-She Khufu』と呼ばれる重要な行政区画を通ることが定期的に言及されています。
 ギザの建築現場に到着する、ちょうど一日前にです。
 そしてはっきりと、そこが宰相アンクホルの勢力下であると書かれているのです。
 アンクホルはクフ王の(片親の違う)弟です。
 アンクホルが宰相と、クフの後継者であるカフラー王の作業所の監督を勤めていたことは、以前から知られていました。彼はおそらく、カフラー王のピラミッド建築を(スフィンクスも同様に)監督しただろうと考えられています。
 メレルの日誌は、アンクホルが大ピラミッドの建設の最終段階にもいくらか関わったのだ、ということを裏付けました。

(アンクホルの胸像(MFA 27.442)by K. Schengili-Roberts)


 日誌はクフ王の治世の行政報告とともに発見されており、
 それは「第13回目の家畜計上年」の翌年であることが分かります。
 家畜の計上は隔年、規則的に行われており、これはクフ王の治世27年、つまりクフ王の治世の最後の年を示します。
 こうしたことから、ピラミッドの外装はクフ王の治世の最後の最後に完成を迎えたということがわかります。


  それにしても、なぜ大ピラミッド建造についての文書が紅海の港で発見されるのでしょうか?
 この文書はおそらく、ワディ・エル=ジャルフに寄贈されたものだと考えられます。
 なぜなら、ギザのチームのひとつは後に港での仕事につく必要があったからです。(それはおそらく、ギザで使う道具の原材料として、シナイで採れる銅を手に入れるためか、港の地下通路を記念碑で閉鎖する儀式のため)
 発見されたパピルスは、ピラミッド建築について我々が既に知りえていた情報に変更を加えることはありませんでした。それらは、われわれの既存の知識をその通りであると確認させただけでなく、その過程、習慣そして大ピラミッドの背景にある人々についてを、よりはっきりと認識することに貢献しました。

 他の港での発掘調査でというより、むしろギザその場所での調査により、更なる情報が得られます。
 マーク・レーナー氏とAERAチームは、Heit el-Ghurabとして知られるピラミッド労働者たちの町と港についてを発掘調査中です。
 ドリルの形跡から、そこに氾濫原(増水時に水に覆われる部分)を削って作られ、ナイル川と繋げた大きな人工の港があったことが明らかになってきました。
 港は採石場から石を運んだり、外来品やその他様々な物品を届けたりするのに役に立ったことでしょう。
 多くの巨大な遺構は労働者の宿舎か貯蔵庫、あるいは両方だったかもしれません。
 ここでの発見は、「ピラミッド建築労働者はどのように養われていたか」等、実質的な問題についての情報を提供してくれます。

 パピルスに記されたピラミッド日誌はまだ完全には公表されていません。
  Wadi el-Jarf と Heit el-Ghurabの両港についても、発掘調査は継続中です。
 どちらも、まだ我々の知らない秘密を隠し持っているかもしれません。
 この、古代世界の不思議のうちたった一つ残された建造物の、複雑な過程や背景について、より良い理解をもたらす可能性も、まだまだあるのです。

(ギザのHeit el-Ghurab の遺跡の写真 by Y. Mahmoud)


***

クフ王の名前がはっきり読めますね。
 宗教的な内容ではなかったですが、
 ピラミッドに関する内容であったとはびっくりです。

 分かりやすくまとめられた記事だと思いました。

※発見当時の記事はこちら

拍手[3回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析