忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
久しぶりにw

 2012年に大英博物館の古代エジプト展が開かれましたが
 目玉は全長37m(最長)の死者の書、グリーンフィールドパピルスでしたよね。
このブログで展覧会の感想を書いた記事はこちら

 そして、この死者の書の中に、
 メジェドが描かれていたために、
 なんかすごい人気になっちゃったわけです。
 が…、

 あの死者の書の中に、「メジェド」の名前とその性質の書かれた文(絵ではなく)が、入っているのかなーって、あるなら見つけたいなーって、思ってたんですよ。
 でも、ほら、
 ヒエラティックじゃないですか。
 ヒエログリフより難易度高い(文字の判別がなかなかつかないw)!
 だからざっと見ては諦める、の、繰り返し、だったん、です、
 ……が。

 ついに見つけたよーっていう。ww
 そう、あったんですよ、ちゃんと、文がw

 エジプト展の図録でいう、p006
 ネシタネベトイシェルウの死者の書、図74(右側)下の行から、図75(左側)一番上の行にかけて。


赤線をひいた部分が「メジェド」。右から左に読む。
●抜粋と、ヒエログリフ転写
(ただし、ヒエログリフ転写はどこか間違ってる可能性が高いです…ヒエラティックの解釈には自信がありません…文法も怪しいw)


●翻字(右から左のものを左から右に書き直してます)
 Hr-ntt tw rx=i, rx.kw(i) rn n MaDd pwy imy(t)=sn m pr Wsir. [snk???] sty m irt=f nn mAA n tw=f, pXr
(t) n=f pt m nsr n r=f, smy  Hapw nn mAA nt=f

●訳(ちょっと意訳…分からない「?」のところを飛ばしてます…)
 なぜなら私は知るからである、そのメジェド、オシリスの家にいるものたちの中にあるものの名を、私は知っている(からである)。彼の目でそれ(姿)を見られることなく射、彼の口の中に火をして天をめぐり、ハピ神(増水の到来)をそれ(姿)を見られることなく報告する。


 メジェドについての説明、いろいろ見るけど、実際エジプト語でどう書いてるんだろうと思って、読みやすいものでチェックしてたんですよね。ネブセニィのとかで

 (赤いしるしをつけた範囲、左から右に読む)
英訳はここを参考に
Allen Part b, Section 1の一番下の3行がメジェドの一文です
 http://www.ucl.ac.uk/museums-static/digitalegypt/literature/religious/bd17.html

 細かな違いはあれ、だいたい同じです。(この英訳も、いろんなバージョンをあつめてるそうですし、まったく同じにはなってないです)
 他にも、ユウヤのパピルス、

 それと、カーとメリトのパピルス

でも確認できています。微妙な差はあるけど内容はほぼ一緒。
(火、の単語の部分とか違って、ここでは「火を吐く」という意味になってますが、ネシタネベトイシェルウのは単に「火」ですね、他にもこまかなニュアンスが違っているかも)
 あ、アニのパピルスには載ってない様子ですよ。メジェドの文。


 他にも、死者の書17章の載っていそうな画像があったら、ぜひ教えてくださいーー!!

拍手[1回]

PR
ゲーム【アサシンクリード:オリジンズ】
Assassin's Creed Origins

舞台が古代エジプトなんですが
 なんかヒエログリフがあって。
 やっぱり解読しようとしちゃうやつ。

全部で6種類(ひとつ途中が微妙に違うのがあるけど…???)
エジ語として読むとちょっと意味が通らないというか不思議な文なんですよね。
語の並びとか。主語が極端に無いとか。
とりあえず調べられたところだけ画像にして貼っておきますねー。
(online dictionary



↑のやつの英訳はこれじゃないかなと思ってます。
 'We work in the dark to serve the light.'


↑mAa-xrwと言いたいのではないかという指摘がありました。xrwのヒエログリフが(似てるようで)違うんですよね。
 smAと読む語なんですけど…a(腕の形のヒエログリフ)はなんなんだろう?

↑ttwかtwtかwttかわかんないですw 普通この表記だとwttと読むとおもうですが(絶対とは言わない…)男が子を儲ける、みたいな意味がこのゲームに関係ありますかね…。

↑XryとHnaを連続して使うのでどうなってるのかさっぱりですが……

↑ここ、 "Nothing is true, everything is permitted"がある、という意見が出てましたが、
 ご覧の通りpermittedと訳せるような語が見当たらないです。
「??」のぶぶんは、無い文もあるんですが、なんなんだろう?


↑to+you とか適当にそれっぽいかな?と思って書いたですが、エジ語としてこういう書き方はしないかも…。

 とにかくいろいろ謎です。
 答えが知りたいです。
 ファンが解読してる(笑)って言ってましたが文法大丈夫なんでしょうか笑ってる場合ですかって思ってます…。

拍手[0回]

ヒエログリフがどこからきたか分かったので!
 ツイッターでやったやつですが
 まとめときます。
舞台のヒエログリフ(動画より)
利用したと思われるヒエログリフと上との対応
単語で分けたもの

単語が途中で切れてるなあという感じで…
(基準はとても謎です…一行そのまま持ってきたわけでもなく…気になるーー)
 意味が分かるのが少しだけあって でもほとんど分からず…
 決め手はホルエムヘブですね。ホル、には読めなかったけど、エムヘブ、とつく人名(まず間違いなく人名)はそう多くない感じだったので…。

サッカラにあるホルエムヘブ(18王朝)の墓にあったステラ(現在は大英博物館所蔵)だそうです。
http://www.osirisnet.net/tombes/saqqara_nouvel_empire/horemheb_saqqara/e_horemheb_saqqara_03.htm
 内容は太陽神ラーを讃えるもの。(オシリスネットより)

http://www.britishmuseum.org/research/collection_online/collection_object_details.aspx?objectId=111451&partId=1&searchText=stela+551&sortBy=imageName&page=1
(大英博物館のサイトより。あったのか…)

**

 画像とかよくなかったら消しますね。

拍手[1回]

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_pharaohs

 王名の一覧は↑ここにあるけれど…
 これでいいのかな??

拍手[0回]

●第6王朝時代の神官の墓2つ発見

・アハラム・オンライン(ahram online)
 http://english.ahram.org.eg/News/126746.aspx

 2015年4月南サッカラの埋葬地帯Tabit-El-Geishにて
 仏オリエント協会(IFAO)による発掘調査中、
 2つの、大変状態のいい墓を発見しました。

 墓は、第6王朝の王ペピⅡ世の治世の神官のもので、
 彼らの骨と、葬祭具などの遺物がほんの少しだけ残されていました。
 ひとりの名は「アンクティAnkhti」、もう一人は「サビィSaby」です。

 エジプト考古大臣のMamdouh Eldamatyは、
 どちらの墓も、「死者へ供物がささげられる様子」など、宗教的な儀式の描写が、壁に素晴らしく描かれている、と説明しました。
 その色合いは、4200年も前のものとは思えないほどで、まるで昨日描かれたかのように鮮やかである、といいます。
「これらの壁画は、当時の宗教儀式についてを明らかにする史料となるばかりでなく、当時の芸術家たちの技術力(の高さ)をも知らせてくれるのです」

 この調査隊を率いる仏エジプト学者Vassil Dobrevは、
 埋葬シャフトは墓のかなり深い層で発見された、と説明します。
 サビィのものは6m、アンクティは12mもの深さでした。
 また彼は続けて、
 どちらの墓も2つの層の上に立てられていた、と話しました。
 上部は地表に日干し煉瓦で作られ、下部は石灰岩を切り開いて作られています。

  ギザ遺跡の中央管理局長(?)であるKamal Wahidは、 アラバスター製の容器や、供物、両神官の骨なども多少見つかっているが、 墓は両方とも、古代のうちに盗掘を受けている、と指摘します。 どちらの骨も地に散らばっており、棺の中に納められていませんでした。 両墓はほとんど同じで、当時の神官の墓に頻繁に描かれた、古代エジプトの供物の壁画の中でも特に有名なシーンが見られます。 それは、ヘッドレスト(頭受け・高枕)、神官が身につけた首飾りに加え、7つの儀式用のオイル壷(それぞれの名前・量が書かれている)、香を入れる器、銅製の香炉などの描写です。 

 http://www.ancient-origins.net/news-history-archaeology/archaeologists-uncover-4200-year-old-tombs-ancient-egyptian-priests-002871

(上記にかぶらないところだけ簡単に)

 
・壁画やいくつかの遺物から、神官たちは生前、ミイラ作りの秘儀に関わったものと見られている。
・遺物はいくらか無事のものもありましたが、棺は見つかっていない。
・「七つの聖なる香油」は、口開けの儀式の際、死者の口に塗るとされるもの。
http://www.osirisnet.net/docu/centennial/e_centennial.htm
 それらのうちいくつかは、第一王朝の木製(または象牙製)のラベルから古王国まで一貫して知られているが、それらが古王国時代に、偽扉の石碑や墓の中で供物の定型文の一部として組み込まれるまで、まとめて使用された形跡はない。
 「7つの聖なる香油」が初めて見られるのは上記の墓か、ギザの、ヘテプへレスⅠ世の改葬墓から見つかっているもの。
 ただし、このオイルが書かれた小さな石版が古王国の墓でたびたび見られる。
 これらを含む、ミイラ化儀式のための一連の儀式用具の例は、歴史を通して見られるもので、「ペセシュ・ケフ」(魚の尾型のナイフに由来すると思われる)の例が示すように、これら死後の儀式に用いられる道具の少なくともいくつかが、ずっと以前からあったミイラ化儀式で用いられてきたものを、ミイラ化儀式の発達に応じて、変化させてきたものと考えられる。
・(この墓からペセシュケフナイフのようなものは発見されていない)

****

 古王国の墓、壁画の彩色がきれいに残った状態で発見とかすごいですね!
 壁画が、まるで中王国時代の棺のようですね!
 

拍手[1回]



忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析