忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[236] [235] [234] [233] [232] [231] [230] [229] [228] [227] [226]

メトロポリタン美術館
 古代エジプト展
『女王と女神』

2014年11月某日 神戸市博物館
http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/tokuten/2014_4met.html
展覧会公式
http://met-egypt2014.jp/


日本初公開、「メトロポリタン美術館」の古代エジプト展です。

いやー。行って参りました!
 10時ごろ現地に着きました。
 ぜんぜん混雑しないうちに入って、ゆったり二時間見てまいりました。
(だんだん人が増えてきましたよー)


行った感想としては、やはり、
 女性に関するものが多かったなあ、という印象でした。
 化粧道具とかハトホル(人型)頭部は正直惹かれるものがないのですが
(ハトホルの正面顔とかに美を感じない←笑)
 儀式用の鋤とかですね、ああいうのいいですよね…!
 ハトシェプスト葬祭殿の模型とかは模型だけどとても良かったですよ!!
 
 楽しむポイントとしては…
 ハトシェプストの王名を覚えておくといいかもと。思いました!

 メナト【ハトホルの象徴具でもある、ビーズが幾重にも連なったものとその錘で、繁殖・誕生また再生復活などを促すと考えられた】がたくさん出てきましたが
 51番の、ビールの栓抜きみたいなヤツのデザイン
とても良かったですね、繊細で。
 新王国らしいというかちょっと東のものっぽい繊細さですよね。綺麗です。

 74番、アンケト神の頭部(小さめサイズですが)も来ていて、
 なんか珍しいなあと思いました! アンケトとか!
 この女神様は羽がたくさんあるのでけっこうすぐ判別できそうだけど
 後ろに(見なかったけど図録に載ってて)「アンケト」って書いてたw
 どの女神か分からない、とか、たぶん女神だろう、とかいうのもけっこうきてました(笑)
  てきとうだなーみたいなw もっと分かってるのあったろうにw

 カーネリアン(紅玉髄)のものがいくつかあって、
 あの色合いを生で見れるのは幸せですね!
 燃えるような赤から黒っぽい赤、黄に近いオレンジまで。
 そのカーネリアンについて
 「seweret(スウェレト)」と呼ばれるものがあったので
 気になって、帰ってから少し調べました。
 後述します。

 あとですね~
 98番の指輪。

 シュウとテフヌトらしいということで
 珍しいですよね~!
 この二人っていうのがなんか珍しいなと。
 好きなんですけどねこの二人。いろいろ複雑な意味を持ってそうで。
 左がシューです。右が女神なのは「花を持っている」ことで判断されるかと。
 シューと一緒にいる女神といえばテフヌト、と、そうなってるのではないかと思います。
 

 ちょっと逸れますが
 ツタンカーメンの墓を見つけたあのハワード・カーターの絵も来てましたよ!

 って現場で見なかったんですが(笑)
 元々美術のほうの方だったとは聞いてましたが、すごく美しい絵を描かれるなと思いました。
 模写というより少しアレンジ入ってますよね、綺麗です。

 102のティイ王妃頭部は石の質というか色合いが(博物館で見ると)良い褐色でした!
 珪岩というそうで。図録はまったく印象違いますね…。
 赤茶でざらっとした感じが良かったです。

 シストラム(がらがら)とハープが来てましたが、
 上から音を聞かせてくれるようになっていました。ハープは素敵でした~~今と変わらない。

 132はこれですが

 髪飾りだと。思ってましたが違うかもって。重すぎるから。
 けど、胸飾りとしても重過ぎるし、第一幅が広すぎだろう、と思いました正直。
 よく似たものが壁画に描かれている、とありましたが…
 うーん似てるかなって言うか…長すぎない?みたいな
 もっと根拠あるかもですが。

 140「ヤグルマギク型の線状細工ネックレス」

 すごく繊細でいいですよね、モチーフにしたこともあるですが。ちょっとエジプトらしくないかもだけど好きです。
 19王朝のらしいですね。線状、とある通り、線を輪にしたりして組み合わせてできています。
 これが作る影とかがまた美しいですよね~~。というのは描いてから気づいたw

 あと魚が連なって泳いでるのはネックレスと思ったら腰帯だそうで…
 付け外しはどうやってるの!?的な…。
 階級問わず多くの女性が愛用、とありますが
 壁画で見たことがあまりないような(裸の踊り子ならあるかも)…。
 132のアレが「壁画で見ないから髪飾りじゃないっぽい」って言ってるしなあ、とか…。

 さて、最後に棺がありました。

 なんというか、エジ展だから持ってこないとだめでしょってことで持ってこられたような棺ですが(今までは死後の世界を中心に展示物を選択することが多かったように感じるので、私たちのエジ展のイメージがこういう、棺やミイラ、ですよね。でも、今回はほとんどないんです。死を感じさせない。ある意味残念だったところもw いや、こういうのもいいと思います!)
 これまであまりに男神要素がなさ過ぎたせいで一番時間かけて楽しみました(笑)。
 神様の名前を見つけようの会です。
 えっと。ホルスの4人の息子とか(下の方の左右に二人ずつ)ヌトとゲブ(上腕の左右)とかいました。
 ひとつ、bS(?)nwというのが、おそらく神名としてあって、それが不明なんですよね…
 辞書開いたら該当がなかったので、Sじゃないかも、横長の四角っぽかったけど…石かなあ。
 左右両方にあって。確かウルトヘカウか何かの下に。もううろ覚えですが!
 誰か分かる人いたら教えてください~!
 神名があるのが側面のほうだったので図録ではぜんぜん確認できない!

 という感じでざっと感想でした。

 そうそう、図録ですが。
 今回はテーマにぴったりの女性らしい繊細さを感じさせるおしゃれなデザインでした。
 すごいですね、徹底してる。デザインした人のセンスを感じます。角が丸いし、周囲に余白を取ってある。デザイン凝ってるなあと。
 ポスターのデザインからして違いましたものね、あの、色合いと、文字。文字ですよ。古代エジプトのものがまた違うものに見えちゃうような。
 なんと言うか…そう、資生堂パーラーの袋みたいなデザイン!!w

 それはおいといて、
 一つ一つについて横に簡単な説明がきちんとなされているのですが、
 この図録は、加えて、もう少し詳細な説明を巻末につけています。これがとてもありがたいです。
 あと、テーマごとに章立てされています(ハトシェプスト、とか、ハトホル女神、とか)が、
 それぞれのイントロダクションに1p文をつけているし、
 この展覧会をテーマにエッセイが書き下ろされ、それが日本語訳と原文両方で読めます。
 いや、すごいなと思います、読み物としても楽しめる感じで。
 まだ全部読んでいませんので、ゆっくり楽しみます!

***

 さて
 後述、といっていた「seweret(スウェレト)」。

 これが気になったのは
  ・カーネリアンである
  ・喉にあてるようにして置かれる
という部分でした。
 というのは、ある本の説明で、
 アヌビス神の特徴として「首に儀式用の布か何かを巻いている」というのがあるのですが
 それが、赤い場合が多いということで
 ツタンカーメンの王墓にあったアヌビス像がそうです(が、全てが必ずそうであるということではどうやらなさそうです)。
 なんで赤なのかなとか。首に巻くことに意味でもあるのかなと思って。

 このスウェレトも、カーネリアン=赤、ですから
 何か意味があってやってるんだろうなと。

 まずヒエログリフを見ようと思ったのですが
 出てきませんで(涙)、
 swr(t)で、飲み物、とか、飲み物の供給、とかいう意味がありました。
 
 巻末の詳しい説明では
「ミイラの首のまわりにセウェレトと呼ばれる紅玉髄のビーズをつける習わしが中王国時代にあった」
「ビーズが包帯と包帯の間ではなく、体に直接つけられていたことを示す証拠も」
 とあり、
 自分が調べた範囲で分かったことは
「スウェレト・ビーズは中王国時代に一般的だった。カーネリアン(紅玉髄)でつくられ、死者の喉につけるもので、しばしば死者の名が刻まれていた。遺体の保存状態が維持されることを保証するものであったと考えられている」
http://www.metmuseum.org/research/metpublications/Hatshepsut_From_Queen_to_Pharaoh より)
という感じでした。

 もっと細かく研究され、論文も出ているかもしれませんでしたが
 今分かることはこのくらいです。
 まず、中王国時代にそうした風習があるとは知りませんでした。
 思えば中王国の文化や習慣についてはまったくチェックしてません…
 これからもう少し気にして、このあたりの情報も集めていければと思いました。

拍手[2回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析