忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[168] [167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158]

●EMP:Q&Abyザヒ・ハワス
http://content.usatoday.com/communities/sciencefair/post/2010/02/q--a-egypts-zawi-hawass-on-king-tut-findings/1

インタビューです。
***
 

◆1
Q:分子エジプト学の役割は?

A:分子エジプト学は我々が多くのエジプト学の謎を解明するのを助けるための大きな見込みを示します。
 我々は家族関係について、またいくつかの疾患についても、多くのことを知ることができます。
 科学的に調査することで、それはエジプト学の助けとなり、また歴史の再構築のための科学捜査法について、より大きく、新しい役割を開くことができます。

◆2
Q:これらの結果が第18王朝の王家についての見解にどのように影響するでしょう?

A:18王朝には多くの謎があり、
 ツタンカーメンの属していたアマルナ時代は特に曖昧でした。
 ツタンカーメン一族についてのプロジェクトで、我々はツタンカーメンの母と妻の識別するため調査を続行し、また他の家族関係をも研究するつもりです。

◆3
Q:ほかの王族(王族でないものも)についての同様の検査の前途はどれくらい有望ですか?

A:ええ、我々は他の家族関係も研究するつもりです。
 次にはラムセス2世の一族(いくつか明らかにしなければならない謎がある)を研究する予定です。

 我々はアクエンアテンやティイにしたように、
 王のミイラの隠し墓に、新王国時代(ツタンカーメンやラムセス2世の時代)が終わった後隠された、他の、はっきり識別されていないミイラの、名前を特定できればと望んでいます。
 これらのミイラは、後の神官によって夜中に隠されたのです。そのため、いくつか間違えてしまっているのです。彼らも我々と同じ、人間ですから。
 我々は、真実を写し取るために、科学を用いられればと考えています。

◆4
Q:この研究について他にどの点が重要だと考えますか?

A:私はこの研究をエジプトで、エジプト人のチームによって行えたということも、とても誇りに思っています。
 国際的なコンサルタントの参加は、これらの過程に欠かせませんでした。しかし我々のチームはエジプト人のチームであり、これはこれからにとって非常に重要なことです。

***

 名前の分かっていないミイラに名前を与えること。
 エジプト学のためであり、また、故人のためでもあるのかなと。思いました。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析