忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133] [132]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

●ミイラの発見と作り方(動画あり)
http://drhawass.com/blog/video-beautiful-mummy-found-saqqara

****

 数ヶ月前、サッカラで作業していたときのこと、
 私は埋葬質に入りこの美しい、そして謎めいたミイラに遭遇しました。

 私たちが発掘していたその墓は古王国時代、約4200年前に位置づけられます。そのため、この墓から後代の――2000年ほど前(746~336BC)ミイラが見つかったというのは、非常に面白いことです。
 これは典型的な後代のミイラの美しい例で、このこ王国時代の墓で見つけたことに私はとても驚いています。

 ミイラ化は古代エジプト人にとって重要な信仰上の様相でした。というのは、それは彼らが来世をおくるのを支援したからです。よって私は、皆さんがその目的とプロセスの方法を知ることを重要と考えます。

 一個人がなくなると、その身体は洗われます。それから、腹部を切り開き、内臓を取り出し、それらをナトロン(塩のような鉱物で、水分を取り除く)の中におきます。臓器が乾燥したら、カノポス壷に入れます。
 伝統的に、カノポス壷には四つあり、それぞれがホルスの四人の息子たちのうちひとつで装飾され、特定の臓器を収容します。
 肝臓は、通常人の頭で表現されるイムセティに結びつけられ、肺はマントヒヒの頭部をしたハーピの壷に入れられます。ドゥアムテフは胃を守る神で、通常ジャッカルの頭で表されます。鷹の頭をしたケベフセヌエフは腸の入ったカノポス壷を飾ります。

 古代エジプト人は心臓を死体に残していました。
 彼らは心臓を、来世にも死者を助ける知識の源であるとみなしていたのです。
 しかしながら、脳は損害を受けやすかったので、摘出していました。
 脳を取り出すのに、古代エジプト人は金属の棒を鼻の穴に差し込み、脳の物質をかき出しました。
 内臓を取り出したあと、身体は日にちの経ったワインで外側も内側も掃除されたでしょう。

 なぜ古代エジプト人は、ミイラ化にこれほどの労力を費やしたのでしょうか?
 それは、彼らが来世を信じていたからです。
 身体が墓にある間、それは永遠に保存し保護する必要があり、保存するために、ミイラ化するようになったのです。

****

 古王国時代の墓から!
 掘ってると見つかったから便乗しちゃったということなのでしょうか?
 
 映像で出てくるミイラ(包帯を解いたヤツ)は別のものですよね?
 見つかったものは、きっとまたCTスキャンするのじゃないでしょうか。

 映像で示された、髪がふさふさのミイラは誰なんだろう……。
 それにしても、ワインで綺麗にしてるとは知りませんでした。
 お酒だから、匂い消しには良さそうですよね。あと消毒かな?
 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析