忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136] [135] [134] [133]

●SCA、ルーブルに調査の許可を保留
http://drhawass.com/blog/press-release-egypt-suspends-archaeological-cooperation-louvre

****

「エジプト考古最高評議(SCA)の常設委員会がルーブル美術館との考古学の共同作業を停止するとした決定は、エジプト文化大臣ファルーク・ホスニが立候補していた最近のUNESCO長官選とは一切関係ありません」
 と、ザヒ・ハワス博士(SCA長官)が発表しました。
 彼はまた、そのような決定がUNESCOの選挙より8ヶ月も前に当たる一月の時点で、すでにルーブルの動きに応じていたと加えました。

 ルーブルは、テーベの15番墓(ルクソール西岸にあるドラ・アブ・エル=ナガの貴族Tetikyの墓)から持ち出された壁画の5つの部分を買いました。
 当時ルーヴルの古代エジプト部門の学芸員だったクリスチャン・ジーグラー氏が、伝えられるところでは、これらの断片が1980年に盗まれたことを知っていたという事実にも関わらず、断片が不法に国から持ち出され、ルーヴルに売られました。【※訳の間違いがあり、西村先生に修正して頂きました。ありがとうございます!】

 ハワス氏は、2009年1月にドラ・アブ・エル=ナガで作業していたドイツの調査隊が知らせるまで、SCAはそれらの部分をルーブルが所有していたということを知らなかったと述べました。
 SCAはこれらの証拠をルーブルに提示し、盗まれた部分安全に戻すための友好的な手段をすべて試みてきました。しかしながらルーブルは、科学的権威やフランスの文化省からの賛同を得られるまではなんの処置をもとりえないと主張したのです。
 「これらの手順は、すべての問題について早く解決させるために避けられないものかもしれません」とハワス氏は言います。「しかしルーブル側は、それらの手順の実行を遅らせたのです。ルーブルには1980年代に成立し、2002年に再び出された規則や法――博物館は盗品をすべて元の土地に戻さねばならないという条件を要求したもの――を執行せねばなりません」
 ハワス氏は、SCAが不法な取引への関与のために学者や博物館に対して考古学的協力を保留したのは、今回が初めてではない、と断言しました。常設委員会は似たような決定をアメリカのセントルイス美術館(カー・ネフェル・ネフェルの盗品マスクを所蔵)にも下しています。SCAはそのマスクが1930年にサッカラから盗み出されたことを証明する必要書類をすべて提出しましたが、セントルイス美術館はそれをエジプトに返すことを拒みました。
 SCAはオクスフォードのアシュモリアン博物館にも、所蔵品のうちのエジプトから不法に持ち出されたものについて返却されるまでの間、調査停止を下したことがあります。
 似通ったことが、違法な遺物の取り扱いに関与したと思われるいくつかの外国の考古学の調査、ブリュッセルの王立美術館(ベルギー王立美術館)に対してもなされました。


****

 ほとんどが
「ルーブルだけが特別じゃないんだから!」という感じの内容ですが……。
 途中の文の意味が分からなくてすみません……。

 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析