忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [74] [73] [72] [71]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

●メンカウラー王のピラミッド付近で……
http://www.pyramidofman.com/blog/excavations-at-menkaures-pyramid/

 発掘作業?
 この辺で最近、砂のたった40センチ下に彫像が埋もれていたことを考えれば、
 重機を用いての発掘はちょっと理解できない、という意見のようです。

 何をしているのでしょうか。

●家猫の進化
http://www.scientificamerican.com/article.cfm?id=the-taming-of-the-cat&page=1

 他の飼育動物と違い、
 猫は、あまり人間の生活に寄与しないのに、なぜ飼われるようになったのか?

 専門家は、3600年ほど前に初めて、古代エジプトで猫が飼われるようになったのが始まりだ、と考えてきましたが、
 最近の遺伝・考古学の研究により、猫の家畜化はもっと昔……農耕がはじまる頃、つまり今からおよそ1万年前に、肥沃な三日月地帯(エジプト・メソポタミアにまたがる広い地域)で始まっていたことが分かった、といいます。
 発見物などから推測すると、猫自身が、穀物の切れ端やねずみによって利益(食料)を得るために、家に住み着いたのだと考えられるそうです。

 ただ面白いのは、
 他の家畜が人間の役に立つ……ミルクを与えたり、食肉、毛皮、そうでなくても労働などに使われることが多いのに、
 猫はといえば、まったく人に貢献しない。
 それがどうして、ふつうに「家で飼われる」ようになったのでしょうか?

 どうやら、「肥沃な三日月地帯」=「よく取れる農作物」=「ネズミの繁殖」=「それを捕食するネコの繁殖」
 という形になったようです。
 つまり、猫は「飼いならされてそうなった」のではなく、
 人間の、家に居れば、外的からは守られるし、食物には困らないので、住み着いた――ということみたいです。
 
 あとは、人間がそれによって(ネズミを退治してくれる・または蛇を)利益をこうむること、
 少なくとも、被害を受けないために、追い出したりしなかったというのも原因かもしれませんし、
 また、大きな目など、外見の「可愛さ」が、人に「そばにおきたい」という気持ちを起こさせたかもしれない、といいます。

 では、なぜ「山猫」として残った種類もいるのでしょうか?
 山猫も、種類によって、人間を許容できるかどうかがあった(実際、南アフリカや中央アジアに残っている山猫は、人間を強く警戒する)そうです。
 そうでなくても、やはり「肥沃な三日月地帯」という地域性が、ネコが人に近づく大きな条件になったというのは、間違いないようです。

 ネコは、古代エジプトで(知られているように)女神にまで持ち上げられ、非常に愛されるようになりました。
 そのとき、この神聖な動物を輸出することを禁じていたといいますが、
 その後、文明が廃れ、ネズミを捕らえるためにと船に積まれ、港を通じて広まったのではないか、と考えられるそうです。

 ネコは、犬と違って、
 外見で分けられるほどは、遺伝子的な違いをもっていないそうです。

****

 エジプトからだと思ってましたが、なるほどです。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析