忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [112] [111]

●ダハシュールの赤のピラミッド
http://drhawass.com/blog/pyramids-dashur-2-red-pyramid

*****

 ダハシュールにある赤の(あるいは北の)ピラミッドは、スネフェル王の三番目の巨大ピラミッドの試みでした。
 彼はすでにファイユーム・オアシス近くのメディウムと、ダハシュールには屈折ピラミッドとなったものを、建造しています。この時、彼ははじめから要領を得ており、また息子のクフがギザの大ピラミッドを建てるための道を開きました。

 ピラミッドの建設者たちはそれまでメイドゥムやダハシュールで試みてきた構築から多くを学んできていました。そして今回、王のピラミッドは、メイドゥムのピラミッドや屈折ピラミッドより傾斜を緩くつくられたようです。そうすることで崩れにくくしたのです。

 計画を立ててから、スネフェルの技術者は王の治世の30年目くらいから新しいピラミッドを建設し始めました。このとき、屈折ピラミッドでは作業を中断していました(スネフェルの作業員たちは仕事を終えた後にここに戻ってくるのですが)。
 スネフェルはさらに、ピラミッドの東側に、河岸神殿だけでなく(これはまだ発掘されていませんが)、小さな記念神殿をたてました。彼の参道(通常は死体仮置き場と河岸神殿をつなぐもの)は、どうやら構築されていないように思われます。これらの要素は、時の経過とともにピラミッド複合体のスタンダードとなっていったのでしょう。

 赤のピラミッドの入り口は、北側の壁の28m上方に見つけられます。ここから、狭いシャフトがピラミッドのなかを、地表面に着くまで62m下ります。ここから、水平のシャフトが、12m以上の高さの「持ち送り式」の屋根を持つ大きな部屋につながっています。さらに水平のトンネルが似たような持ち送り式の屋根をもつ部屋に続きます。この二つの部屋の主な違いは、第二の部屋の場合、次の部屋に続くトンネルは地表面ではなく、屋根より8m上にあるということです。
 こんにち、訪問者はこの短い通路への木製の階段を上ることができます。うずくまって通り過ぎると、王の埋葬室にたどりつくのです。この部屋もまた持ち送り式の屋根を持っていますが、床は、財宝を求めた古代の人々によって剥がされていました。
 幾人かの学者は、これがスネフェル王の最後の休息の場だったと信じますが、私は、彼は実際には近くの屈折ピラミッドに埋葬されていると信じています。というのは、彼の葬祭儀礼が彼の死後にここ(屈折ピラミッド?)で続けられていたからです。
 
 私がギザでの考古物の長となったとき、私はダハシュールのこの遺跡を公開したいと望んでいました。私たちはこの願いをかなえるためにかなりの努力をしなければなりませんでした。なぜなら、この遺跡は警備上の理由で閉じられていたからです。しかしながら、しばらくのちに、私たちは一般の人たちにこの地域の公開を許可するようになりました。
 この地域が非武装化されるようになったあと、はじめに公開しようと決めていた記念碑は、赤のピラミッドでした。わたしは、レイナー・シュターデルマンのそこでの発掘のために、このピラミッドに魅了されていたのです。そのため私は、この入口と内装を清掃し始めました。これはとても重要な仕事です。
 プロジェクトが完了すると、我々は盛大な開催式を執り行いました。それはよき日で、あらゆる報道機関は彼らが見たものにまったく驚愕しました。よく覚えているのが、有名なTVの司会者が、彼はとても背が高いのですが、ピラミッドから出てきたときに歩くこともできなかったことです。というのも、彼は狭いシャフトでずっとしゃがんでいなければならなかったからです。

 赤のピラミッドに入ることは、苦楽を備えた一つの冒険です。

*****

 「corbelled」を、持ち送り式、と訳しましたが、
 せり出し……とか、他に言い方があったかも……すみません。
 ザヒ博士のサイトの、右下に、その図があります。よく見るやつですよね。
 なのに、日本語でどう言われていたか忘れてしまってすみません。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析