忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [112]

●ギザ台地の地下洞窟?

http://www.responsesource.com/releases/rel_display.php?relid=49510

http://dsc.discovery.com/news/2009/08/13/caves-giza.html

 二つの記事があって、
 たぶん、同じ内容だと思うのですが、
 訳そうかどうしようか迷っています。
 今のところビミョーな気がしていて、訳す気がしないというか……。

 どうやら、英国の作家アンドリュー・コリンズ氏が
 英国のエジプト学者Nigel Skinner-Simpsonの協力を得て、ギザの地下部分を捜索したところ、巨大な洞窟複合体を発見し、
 「これはファラオの失われたアンダーワールド(冥界)に違いない」と主張されているようです。

(8/5のことです)

 ザヒ博士は「一蹴」って感じなんです。
 読んでいて(ちゃんと訳したわけではありませんが)、しっかり理論だってるようには感じないのです……。画像も少なすぎて、何のことかよく分からないです、やっぱり目で見ないと、「部屋があって」と言われても。あとどこかはっきりしていないような。
 ブログ『Egyptians』のティム氏は「自然洞窟を調査している」と書いていて、
 『Egyptology News』ではコメントに「宇宙人の船が見つかるよ!」的なことが書かれてるような(皮肉ですよね?)。

 というか、実際に冥界があった! なんて言われても……という気分です……。

 記事上には、「ギザ一帯はロセタウと呼ばれていて、その意味は“(地下)通路の入り口”である。地下通路って言ったら、ドゥアト(古代エジプト語で、冥界の意味)だから、このギザ台地の下に冥界があるのは当然だ」と。
 ちなみに、こうもりとか毒蜘蛛がいっっぱいいるらしいです。そりゃ冥界のようなところですね……。
 部屋が四つあって、そこから、結局は自然の洞窟に続いているそうです。

 地下水もあるわけだし、洞窟があってもおかしくないかなとは思いますが……どうなのでしょう。
 
 発掘?は、1817年に行われたヘンリー・ソルトの『カタコンベ』(本か調査書?)の記述に基づいて行われているようですが、ソルト以降、この洞窟?の存在に関して言及されたものはない、と言っています。
 うーん、よく分からなくてすみません。

 とにかく、具体的にはどこのことなんだろう……。
 話題になるでしょうか、なるほどの情報が出ないでしょうか。
 話題になれば、ザヒ博士が反論してくれると思いますが……。

 とにかく、地下にドゥアトが本当にあった! という考えは、
 天空に神の国が本当にあった! というくらい、どうも信じられないというか。
 っていうか、その場合のドゥアトって何のことなんだ、とかそういう。

 とりあえずこれが何のことなのか、説明してほしいなと思いました。
 

拍手[2回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析