忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[128] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120] [119] [118]

●スフィンクスのレーザー調査
http://drhawass.com/blog/laser-scanning-sphinx

****

 マーク・レーナーは1979~83年の5年間、ドイツの考古研究所と協力して、スフィンクスの詳細図と写真測量地図を制作してきました。
 地図は記念物の状態を記録するためとても重要で、1998年にわれわれが復旧および保存作業を始めることを可能にしました。
 これらの写真は、私たちのガイドとして役立ったのです。

 最近、私はアレキサンドリアでの科学調査のためにムバラク研究所と連絡をとり、われわれは教授であるアイマン・エル‐Dessouki博士とリモート・センシング(遠隔探知)および宇宙科学についての国立公社の彼のチームと、スフィンクスをレーザースキャンするために共に作業することになりました。

 これらの高度なスキャナは対象物の距離、色および粗さを記録し、そして複合スキャンを行うことで、スキャンされた対象物の詳細な記録を作成します。
 ギザで複合スキャンを行うために、チームはレーザースキャナを台地の異なる位置で起動する必要があり、消防車の後部のクレーンを用いて45mもの高さにするものもあります。
 こうすることで、大ピラミッドやスフィンクスの設計図を、今まででもっとも正確に作ることができます。
 結果は誤差5cm未満の正確さで、高解像度の図を製作します。そして何より重要なことに、データを集める過程は記念物に無害であるということです。

 この作業は非常に正確で、とても速いのです。
 ギザのピラミッドをスキャンするのにひと月で済みました。
 今はその内部の部屋やシャフトをもスキャンしています。
 チームはルクソールの東岸および西岸の記念物をもスキャンしています。地上部からのスキャンと同時に、チームは考古学的遺跡の上を飛ぶことで空中スキャンをも指揮しました。
 
 これらのもっとも最新の研究の前には、サッカラの日本のチーム(階段ピラミッドをスキャンした)とともに作業しました。彼らの素晴らしい仕事のおかげで、この古代の記念物の上部構造及び下部構造の復旧を始めることができました。

***

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析