忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61]

●スフィンクスの話
http://drhawass.com/blog/story-sphinx

 4/26付けのザヒ博士のブログ記事より

***

 私はちょうどテレビの大スフィンクス特別番組の撮影にための三日間を終えたところです。
 番組は2009年末ごろに放映されるでしょう。
 私のよき友人と同僚のマーク・レーナーとライナー・シュターデルマンは、この一大記念物に対して数年かけて行ってきた重要な調査について、私と議論するために加わりました。
 我々の仕事についてを伝える機会ができたことを、嬉しく思います。

 撮影の話はしばらく前、Providence Pictures のプロデューサーおよび監督ゲーリー・グラスマンがNovaとヨーロッパの Arte TVの番組に大スフィンクスについてのドキュメンタリーを作りたい、と話を持ちかけたことから始まりました。
 グラスマンははじめ、その他のたくさんの人(ほとんどの人がスフィンクスに対する仕事を何一つ行っていなかった)を含めたものの一部として、私にもインタビューを求めました。
 私はそんなプロジェクトの一部に加えてほしくないと、なぜなら私と友人であるマークレーナーは、この驚くべき記念物に何十年もの人生をささげてきたのだと、
 そして、それについてすべてが、正確に分かってもらえるように、自分たちの話をフィルムに保存してほしい、と伝えました。
 最終的に、ガーリーはNovaの取締役プロデューサー・ポーラApsellと共に、スフィンクスの現実の話を伝えるべき時間とすることに合意しました。
 私はガーリーに、私とマークのほかドイツの考古学者レイナー・シュターデルマンも加えるように提案しました。
 大スフィンクスの建造時期がクフ王の治世に位置づけられるという理論は、スフィンクスについての学術的な討論の歴史の重要な部分を占めるからです。

 撮影の三日間、私はスフィンクスについての三つの重要なプロジェクト(その一部を担っているということを私はとても誇りに感じている)を紹介しました。
 物語は1980年、私がペンシルバニア大での博士号のための研究に、エジプトを去ったことから始まります。
 私はそこに7年、1980年から87年までとどまりました。
 この間に、その像は貧弱な復旧作業によってひどくダメージを受けていました。
 作業を行っていた人々は、古代の石造部分を多く運び去り、新しい石を加え、スフィンクスの体形を変えてしまっていました。
 このおろかな人々はまったく不適切なセメントを用い、石が呼吸できなくしてしまいました。
 マーク・レーナーは当時カイロに住んでおり、彼はこの「復旧」と呼んでいる行為は、完全に像を破壊していると、私に手紙を送ってきていました。
 不運にも、私にはどうすることもできませんでした。
 しかしながら、1987年に私が家に戻ると、このプロジェクトを完全に止めさせました。
 1988年の2月に、大きな石の塊がスフィンクスの肩から落ちました。それは赤旗で、それは皆に、その像が重大なダメージを受けたということを知らせました。
 私は職場を出てそのダメージを見た日のことを忘れません。スフィンクスを見たとき、それが自分自身に起こされた悲しみに涙を流す、生きた岩であるように感じられました。

 1988年、我々はスフィンクスの新しい保存と復旧プロジェクトを開始しました。
 この仕事はほんとうに美しいものでした。我々は、この像がどのように作られたかを知らなかった人々によってそこに置かれた、新しい石材とセメントを取り去りました。
 このプロジェクトの10年間、私たちは働くことでこのスフィンクスについてを研究することができ、それに関して多くを学びました。
 たとえば、私たちはムカッタム層?の一部であるギザ大地の、三つの異なる層の石灰岩に刻まれたことを発見しました。
 像を形作る石は地表から胸まではメンバー1および2として知られ、首から上はメンバー3の石材から、スフィンクスは彫刻されました。
 はじめの二つの層の石は質が貧弱です。しかし頭は、メンバー3の強い石灰岩の層で彫刻されています。
 古王国時代のエジプト人は、ライオンの体が彫られた石が非常に貧弱だということを知っていました。
 そのため、彼らはより良質の大きな石材をスフィンクスの低い部分の外側に加え、このより良い素材に体の細部を表現しました。
 頭と、ネメス頭巾と、ウラエウスそして付けひげは、母体となる岩から特徴をよく形作るのに充分な強さの石に彫刻されました。

 新王国時代、紀元前1400年ごろに、トトメスという名の王子がスフィンクスの近くで狩りをします。
 そのころ、像は首まで砂に埋もれていました。
 彼が後に、スフィンクスの前足の間に置いたステラに刻ませた物語(「夢の碑文」)によると、トトメス王子はこの像の頭の影で昼寝をし、そこで、スフィンクスを埋もれさせる砂を取り除けば、彼を王にすることを約束する、という夢を見ました。
 王子は像の求めるとおりにし、王トトメス4世としてエジプトの王座を手に入れたというのです。
 彼が砂を取り除いている間に、トトメスは古王国時代の多くの石材が体から落ちてしまっていることに気づきました。彼はそれを元に戻し、像を支えるために他の石材を加えさせました。
 彼はまた、風や北側の侵食から像を守るために、巨大なカルトゥーシュ型の日干し煉瓦の壁を築きました。
 最終的に、王はカフラー王の葬祭殿から花崗岩のドアを取り除き、そこにこの物語を伝える夢の碑文を刻んだのです。
 もうひとつの、スフィンクスの古代の復旧作業は、第26王朝(およそ紀元前688~525年)に行われました。この作業はスフィンクスの上のほう、南側の中央に見られます。
 ローマ時代には、前足と像の後ろが小さな石のブロックで覆われました。
 1998年、最終的に私たちは現代の保存および復旧プロジェクトの完成を記念するために祝賀会を開催しました。
 それは交響楽団による音楽も添えられた美しいイベントでした。エジプトの大統領(ホスニ・ムバラク)さえ、この出来事を記念するために参加しました。
 この日スフィンクスを見つめた私は、スフィンクスが1988年にしたように泣く代わりに、最終的には、笑っているように感じました。
 我々の仕事は重要なメッセージを届けます。
「すべてのエジプトにおける記念物と同じく、スフィンクスは、エジプトだけでなく、世界中すべての人々のものである」

*****

 続きはまた今度(汗)

 しかしすみません、ほとんどが直訳です(汗)。赤旗って日本語じゃないですよね?
 赤信号……かな。他にもいっぱい。読みづらいです…。
 すみません、うまく訳せなくて。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析