忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56]

●ミイラ博物館講義-カーセケムウィ-(byマシュー・アダムス)
http://luxor-news.blogspot.com/2009/04/mummfication-museum-lecture-khasekhemwy.html

***

 アビドスのカーセケムウィ葬祭周壁について-マシュー・アダムス

 これは長く続いた習慣の最後の構造でした。
 アハ王のものは二年前に発見されました。
 それらはすべて、儀式用の空間を囲んだ長方形で、犠牲となった取り巻きたちに囲まれ、アハ王は6つの墓をそなえていました。
 ジェル王は彼の葬祭周壁のまわりに269と、また彼の墓のまわりに300もありました。
 西のマスタバと呼ばれている、おそらくデブ王に属すると思われるものは、75メートルのボート塚が14そなえられています。
 他のものは先王朝時代か第一王朝の印章があり、デン王やアハ王より早期の、もしかしたらナルメルのものかもしれません。そこには10のロバの墓に囲まれています。

 第一王朝は アビドスに埋葬され、
 第二王朝初期はサッカラに、
       後期は再びアビドスに。
 カーセケムウィはアビドスに埋葬された最後の王です。

 これらの記念建造物が建てられてから10~20年後には、すべての葬祭周壁は慎重に倒壊されました。
 床は50センチほどの清潔な砂で覆われました。
 また、献酒がこの砂の上に注がれたという証拠があります。
 これらの記念建造物は、自然な腐食によって失われたのではありません。
 たった一つの壮大なものだけが、景観を支配することを許されたように思えます。
 カーセケムウィの後、アビドスは王たちによって放棄されましたが、その地域はその後も多大な敬意をもって扱われていました。そこには700もの墓がありますが、そのままにされていました。
 中王国時代に、オシリス信仰が確立し、ジェル王の墓はオシリスの墓とみなされました。
 ここでは神話や宗教劇が演じられました。このことから、墓は周壁の内部ではなくこの地域そのものを侵食し始めます。

 紀元前100年になって、内部で初めて活動され、神聖動物の大規模墓地とされました。
 ローマ期の終わりごろになると、僧院となり、小部屋が壁に切り開かれました。

   ・
   ・
   ・

***

 あれ、カーセケムウィの話が少ない……。
 しかもところどころよく分かりません、すみません。
 

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析