忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57] [56] [55]

●エジプト宗教象徴主義の研究についてが書かれた古記録
http://opa.yale.edu/news/article.aspx?id=6604

*****
 コネティカット州ニューヘイブン――

 ダンサーであり、セットデザイナーであり、また映画俳優ルドルフ・ヴァレンチノの妻で、後にエジプト学者として知られるようになった女性の、生活および仕事についてを書き写した古い記録が、エジプトにあるイェール・エジプト学研究所の近東言語と文明部の一部に最近寄贈されました。

 部は Natcha Rambova のこ記録を
 スターリン記念図書館の講堂で4月17日(金)の午後2:30に、歓迎の催しを行い、展示します。
 一般人の参加には招待が必要です。
 「Natcha Rambovaによって行われた、前ラムセス時代の神話パピルスの、複雑で多岐にわたるイメージの研究は、10年間にわたり、一対の太陽の軸の図像表現に関する重要な観察に(それらがほとんどのエジプト学者から相当の注意を払われるより前に)帰着しました」
 と、イェール大学エジプト学研究所所長、ジョン・ダニエル教授は注目します。
「古記録内の写真および図は、エジプト・古代近東を研究するイェールの学生に重要な資料を供給するでしょう」と彼は加えました。

 ウィニフレッド・オショーネシーとして生まれて、Rambovaは17歳で、パリのロシアバレエ団のプロとしてダンスをし始めました。この期間に、彼女は後に公認する彼女のロシア名を獲得しました。
 アメリカへ返った後に、RambovaはKosloffバレエ団に加わり、カナダ、英国およびアメリカを通って広範囲に移動しました。
 彼女はそうして、シアドアKosloffによって開かれたダンス学校で教師になり、彼のプロダクションの中で使用されるセットと服装の多くを設計しました。

 Rambova はメトロ絵を用いた映画『カミール』でアートディレクターとして雇われ、そこでヴァレンチノに出会います。彼がスタジオ(パラマウント映画)からかいこされたとき、案内用?心霊研究に変わりました。
 ヴァレンチノがパラマウントへ最後に戻った時、Rambovaは、彼のカムバック映画として、前革命的なフランスのサガ「Monsieur Beaucaire」を選び、服飾デザインをすべて監督して、彼の経歴を管理しまし、後の映画においては、彼女がキャストを雇うことを含めて役割を拡張しました。
 彼がその後、ユナイテッド・アーティスツと契約した時、彼女はヴァレンチノの契約の支配権を失い、二人は破局してしまいます。彼の死は、数年後に心霊研究への彼女の関心を復活させました。それは、エジプト学への彼女の関心に続いて結びつきました。
 数年後の彼の死は、彼女に心霊研究の興味を復活させ、それは、エジプト学への関心に結びついていきました。

 1945年に、ボリンゲン財団が、エジプトへの2年間の遠征の代表取締役頭として、Rambovaを雇いました。彼女の主要な仕事は、写真撮影を監督することでした。また、遠征は、主なエジプトの記念碑の写真の記録を備えたいくつかの重要な学術出版物に帰着しました。

 コネチカットに定住した後、Rambovaは、古代の宗教の象徴主義の比較研究に時間を当てました。
 実際、彼女の研究は、今学期Darnellによって提示されている「エジプトの宗教」中のコースを含む、イェールの授業の重要な部分です。
 この人はさらに近東言語と文明部のエジプト学主任および教授で、宗教学研究の教授です。

 エドワードOchsenschlager(ブルックリン大学ニューヨーク市立大学の名誉教授)は、2007年にエジプトでイェール・エジプト学研究所にRambovaの古記録を寄贈しました。
 Darnellは、エジプトの宗教における広範囲な研究を行っています。イェールが古記録のために選ばれたのは、主に彼の仕事によります。

 Rambovaの古記録は10,000以上のアイテムを含んでいます。
 Rambovaはエジプトから写真、図面および絵画を集めました。またエジプトだけでなく、メソポタミア、インド、ギリシア、イタリア、カンボジア、チベット、中国、メキシコ、ペルー、アイルランドと英国のものも含みます。
 宗教的象徴の主題として調査した多くのイメージは、紀元前4千年目から19世紀にまで及びます。

 古記録は、彼女の学者仲間との文通や、比較研究のための1000ページに及ぶ手書きの写本や手書きの図形などの原稿を含みます。
 Rambovaは、さらにエジプトの遺物のコレクションを蓄積しました。
 これらのうちの1つ(先王朝時代の雄牛頭の護符)は、エール大学画廊が最近獲得し、護符の写真は4月17日に展示されるでしょう。
 エジプトのイェール・エジプト学研究所は、近東言語および文明部の一部として2005年に建設され、古代エジプトおよびヌビアの文献学および文化についてを、フィールドと教室の両方で教授しています。

 2010年には、Rambovaのエジプト学の歴史における位置の調査と、そして現代のエジプト宗教学の学者の傾向について、特定の冥界書の集大成に焦点を当てて調査する協議会を、二日にわたって開く予定です。

*****

 頑張って訳してみたのに、肝心な「何を研究したか」の部分がほとんど書かれていなかったです。がっかり……。
「一対の太陽の軸の図像表現に関する重要な観察」って何だろう、さっぱりです……。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析