忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[80] [79] [78] [77] [76] [74] [73] [72] [71] [70] [69]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

全部訳すのは面倒なので……(すみません)
 詳しくは元サイトを見てください。

●18王朝の「濃い」血
http://yalealumnimagazine.com/issues/2009_05/findings_akhenaten.html

 18王朝の王族(アクエンアテンやツタンカーメンら)は
 アマルナ美術とその影響の強い美術品を多く残していますよね。
 アマルナ美術といえば、その写実性とともに、
 特にアクエンアテン王の、おなかの出っ張りと、後ろ頭の出っ張りが思い浮かびます。
 それらがとても中性的に見えるので、
 創造者としての神性(両性の性質を持つ)を表す、という学者もいますが、
 それは、美術的な特徴というより、「写実性」から生まれた、実際の姿だったのかも?という考えも。

 壁画などの絵画表現から、「こうだった」と決め付けることはできないのですが、
 この場合はもう一つの理由があります。
 18王朝がある「遺伝的異常」を共有していたのじゃないか、と。
 18王朝の人々の、通常と違った胸部や臀部の様子を見ると、アロマターゼ過多症候群であった可能性が高いのではないか、というのです(4/21.2009)。
 
 <日本語の医療サイトに説明があります。参考までに>
 http://acpjc.naika.or.jp/journals/annals/annals_150_8/annals_150_8_hom1abs.html

 ちなみにアロマターゼとは雄性ホルモン(アンドロゲン)を雌性ホルモン(エストロゲン)に変換する酵素、とのこと。
 アクエンアテンの声が美しく、女性的であったという記述があったということで(あったんだ!?)、これで説明がつく、と。

 これで、アクエンアテンのミイラからDNAを得られれば、ということらしいですが、
 アクエンアテンのミイラは見つかっていません。見つかるかどうか(あるのかどうか)も……どうでしょうね。
 すみません、見つかってました。そうだろうと考えられているものがあるそうです。

なんか、これに似た記事を見たか訳すかしたような……。
 見つからなくってすみません。テレビで見ただけかな。
 
 
 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析