忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『「太陽の哲学」を求めて』-エジプト文明から人類の未来を考える-
 梅原猛・吉村作治 PHP研究所

前記事=http://siryoumemo.blog.shinobi.jp/Entry/81/

読み終わりました。
 一言で感想を言うと、こうです。

 ああ、やっちまった……。

 どうやら、梅原氏の疑問について、吉村氏が答えていく、という形を取っていたようで、
 梅原氏の、「一神教が今の社会を作った。一神教の考えはよくない。だから、原点(エジプト)に戻って、自然を崇拝しろ」と。
 私の苦手な思想に帰結します。
 梅原氏が、アクエンアテンやモーゼの出エジプトにこだわっている辺りから、もう、「ひえー」って感じで……。

 前の記事に書いたとおり、自分はその思想が苦手なのです。個人的に。
 一神教の「元」という観点でエジプト宗教を語るとき、重要なのはアクエンアテンの改革と、そしてイシス女神。
 マリアの崇拝はイシスから来た(これはよく言われていることですよね)。一神教を初めてやったのは古代エジプト人だ。だから、エジプトはすごい! と、こうなる。
 エジプトの、他の神々の役割や重要性は、一切無視です(あったとしてもラーやアメン、プタハくらい)。それでエジプトはすごい、あのときのように自然を崇拝したら現代はよくなる、って言われても……。

 実は、自分のサイトで、吉村先生の本を紹介していないのは、読まないからです。
 というのは、どうも、先生の考えが自分と合わない。これは、仕方ないと思うのです。
 理由はもうひとつあって、
 現役の考古学者で、当然、自分なんかは及ばない(比べるのもおこがましいですが)知識がたくさんあって、すごく活躍されているのですが、そういう知識について触れられる吉村先生の本って、あんまりないような気がして(って、数冊そうだったので、もう諦めたというだけですが)……。
 どうも、口述筆記が多いような気がするんですよ……。
 この本もそうですが、そうなると、色々(ちゃんと確認していないから)間違えも、当然、出てしまうと思うのです。
 自分のように、それが正しいかどうかをちゃんと判断できない人間にとっては、知識を得るものとして、ちょっと、怖いのです。
 
 まあ……あれです。
 私には合わなかったけど、
 日本神話が好きでエジプトにもちょっと興味がある人、とか、
 一神教の成立とエジプトの関係に興味がある人、なんかには、いいのかもしれません。(聞いたことある内容が多かったですが)。
 『天使と悪魔』の映画化の話題にのってしまえばいいのじゃないかと思います。『ダヴィンチ・コード』とか。
 ギリシア哲学に影響を与えたエジプト宗教、でもいいかも。

 ただし、聞いたことない内容もいっぱいです(吉村先生の発言が)。
 ちょっと挙げてみます。
 「そこはあんたが間違ってる」というところがあったら、コメント等で突っ込みしていただけるとありがたいです。 

***

p49,51 『アム・ドゥアトの書(冥界の書)』というのがあり、--(中略)--七十日間のちょうど中間で、王の「バー(魂)」が蛇になって、蠕動[ぜんどう]運動をすることになっています。

 クフ王のピラミッドの大回廊についての解説です。
 前にTVで見て、その根拠はどこだろうと思ったら、アム・ドゥアトの書でした。
 この書については、詳しく書かれた本を自分は持っていないので、内容が分かりません。ただ、どこでも「冥界での旅を夜の12の時間に分けて書かれている」と説明してあるのですが、70日ってどういうことでしょうか。ミイラ作りの期間? アムドゥアトにその記述があるように思えなくて。
 また、この書は新王国になって初めて著されるものなので、古王国時代に同じ思想があったかというのは、ちょっと証明が難しいかもです。
 どちらにしても、自分は詳しく知りませんので、蠕動運動で力を蓄える……という記述は(たとえば夜の6時あたりに)あるかもしれませんが……。
 大回廊のなぞ。自分には、石を落とす道だといわれた方が、納得いったりします。

p66 スフィンクスが創られた--(中略)--地形とかピラミッドの配置とかでピラミッド建造の四十年くらい前と思われます。そして、名称自身が「シェプス・アンク=アンク神の御姿」といって、再生復活の神です。

 アンク神。初めて聞きました。再生復活の神なのですか……。
 それから、吉村先生は「スフィンクスはピラミッドより早く作っていて、スフィンクスがあったからそこにピラミッドを建てることにした」と、スフィンクスがそこにあるのは「ここから向こうが復活再生の地だということを示した、入り口の番人・守護神だ」と、こう考えているようなのです。
 いろいろ、他で聞いたものと違う上に、根拠が示されないので納得いかないのですが、とりあえずアンク神についての説明が欲しいです。

p70 「オンの主」という意味のヘムオンという人がいて

 ヘムオン(ヘムイウヌですよね。いや、昔からヘムオンだったのでいいと思うのですが)、ヘムは「主」じゃなくて「僕」ですよね……。あれ? 意訳?
 それに、ヘリオポリスの説明に「イウヌ」をまったく用いず「オン」なのは(それも、ベンベン石などの説明を入れてるのに)……相手が梅原氏だから? オンに「神聖な中心地」という意味は本当にあるのですか? ヘブライ語??

p110 「アマルナ改革」といわれているアテン神だけを選択する改革の生き残りが、そのヘブロの人々と一緒になって、そこで新しい宗教をはじめたのです。

 アテン信仰と旧約聖書の一神教成立は無関係かと思っていました……。

p115 『ナイル賛歌』とか『愛の賛歌』など、アクエンアテンの作った詩が

 『ナイル賛歌』の成立は中王国時代と聞いてます(古代オリエント集より。さらに「現存するテキストはすべてラーメス時代」と書いてます)。あれ?

p138 (モーゼが)犯罪者として追われてシナイ半島に逃げます。そして、そのままそこに住もうと思って、族長の娘と結婚しますが、やはり自分の仲間たちのことが気になってエジプトに戻ってきて・・・

 えっこれってシヌヘ!? 族長の娘と結婚して、でも戻ってくるとか……。本当に「出エジプト記」にこういう記述あるんですか!?

p198 古代エジプトでは、人間は「カー(精霊)」と「バー(魂)」と「アク(肉体)」という三つの要素から出来ている。

 「アク」って、あのアクですよね!? 鳥の!?
 それが肉体を示すなんて、初めて聞きました。
 確かに、この三つを正確に定義することは難しいと思いますが……アクが肉体……どうもよく分かりません。

 本当はもっと、チョコチョコあるのですが、
 特に気になったのが以上です。

 あ、でも、面白いところもありました!(以下、どちらも梅原氏の言葉)

p52 「大嘗祭」というのは、前の天皇が死んだ後、死んだ天皇の魂が次の天皇に乗り移る儀式です。このとき、天皇は前の天皇の亡骸とともに寝て、その亡骸の匂いが移ることによって新しい天皇としての魂を獲得する

 これがピラミッドで行われたのではないか、という梅原氏の想像です。
 面白いな、と思いました。似たようなことを、「オリオン・ミステリー」で読みました(ここで出すなって感じですか・笑)。
 ピラミッドテキストでそれらしい……というか、王が死んで天にゆき、オリオンとして力を得て、ふたたびホルスとして地上に復活する、ということが書かれています。
 相当するとしたら、この部分でしょうか。

 神々の父オリオンによりて
 「大いなる力」の許状、彼に与えらる。
 ウナス、ふたたび天に現れ、
 「地平線の主」として戴冠す。
     (古代オリエント集p588<§408> 屋形禎亮 訳)

 ああ、なんだろう!この部分、なんだか説明難しいです……。
 つまり、亡くなった王の魂が新しい王に宿る的な表現に見えなくないという……。
 ……どこが一緒なんだと思われたらすみません。

p203 エジプト思想がもっている深い霊的なものを、プラトンは理性的な概念に変えてしまった。

 すごく納得。さすが哲学者ですよね……。
 でも、そのせいで、ギリシア哲学側からエジプトを見ることが多くて、なんか、偏ってるよなーと思ってしまうわけです。

***

 全体的に、思想的な話が多く、根拠が少ないです。
 梅原氏の「想像」について、吉村先生が「違う」ということがない。
 エジプトの神殿の柱がギリシアのそれより太い理由なんて、思想より素材や技術的な理由がはっきりあるはずなのに。
 そういう「必然性」についての説明が、全体的に欠けていると感じました。

 昨日読んだ「古代エジプト人の神々」が自分的にジャストフィットしていて、
 この本は正反対をいってる感じです。
 結局、物事を西洋的な観点から見ているなあと……。
 
 2008年10月に、吉村先生がこう考えていたと。そういうことで……。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析