忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[177] [176] [175] [174] [173] [172] [171] [170] [169] [168] [167]

19王朝プタハメスの墓、発見

http://drhawass.com/blog/press-release-discovery-tomb-ptahmes

 訳します。
***

 カイロ大学考古学学部がサッカラで新しい墓を発見しました。
 調査隊はサッカラのウナス王のピラミッドの傾斜路の南側にある、第19王朝のトップの官僚たちの埋葬地で、プタハ-メス、軍の指揮官であり王家の書記だったという人物の墓を見つけました。 

 文化大臣ファルーク・ホスニが今日加えた内容によると、
 その墓は第19王朝の後半(BC1203-1186)に位置づけられるといいます。

 エジプト考古最高評議会(SCA)の事務局長ザヒ・ハワス博士が説明するには、
 墓は70mの長さで、多くの通路と礼拝堂を備えており、
 この構造はアクエンアテン王の治世に生きた、王の印章持ちプタハ-イム-ウイヤ(Im Wiya)のものとよく似ている、ということです。
 プタハ-イム-ウイヤの墓は2007年にサッカラにおいて、オランダの調査隊に発見されました。

 カイロ大学考古学学部の前学部長Ola El-Egezi博士は、
 墓の所有者がいくつもの政治ポストについていた――世継ぎの王子、王家の書記、プタハ神殿の監督官などを含む――ことによって卓越した形をしているといいます。
 続けて、この発掘でステラもいくつかみつかったといいます。
 それらの中に、テーベの三柱神(アメン、ムトそしてコンス)の前に死者とその家族のいる場面画で特徴付けられる未完成のステラが含まれています。
 このようなステラは、El-Egezi女史が言うには、19王朝の後半に、アメン信仰が復活したことを明らかにするそうです。

 調査隊の代理人であるアフメド・サイード博士は、
 発掘の間に、墓主やその妻の彫像の破片がいくつか発見されたといいます。
 彩色された、彼の妻かまたは娘のものらしい頭部像も、死者のものである石灰岩の像の下部と一緒に発見されています。
 陶製の容器、シャブティの小像および護符もまた砂の中から見つかっています。

 調査隊の一員であるヘバ・ムウスタファ博士は、
 墓の柱はキリスト紀元に礼拝堂を建てるために再利用されたといいます。またこの墓は19世紀に強盗に遭い、それが壁に悪影響を及ぼしました。墓の破片のいくつかは墓内部の残骸の中で見つかりました。ムスタファ氏は、復旧のためにこれらの欠片をすべて集めている、といいました。

 プタハメスの墓の発掘作業は、
 死者の石棺とその葬祭道具の置かれた埋葬室へ通じるメインシャフトを見つけるために、続けられるでしょう。

***
 
もう一つニュース記事(下記URL)があるんですが
 新しい内容が合ったら、明日以降に加えます。

http://heritage-key.com/blogs/ann/3300-year-old-tomb-ancient-egyptian-official-ptah-mes-discovered-saqqara

 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析