忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

●黄金のマスク!(ツタンカーメンのとは違います)
http://en.rian.ru/science/20090408/120990444.html

 画像確認中です。見つけ次第upします。
 記事自体は昨日のですが、いつの話かわからないです……。どう確認すれば…?

 ファイユーム・オアシスでロシアの調査隊が金のマスクに覆われたミイラを数体発見。 
 そのほか、歴史的価値があると思われる多くの考古学的資料を発掘しています。

 ロシアのチームは、2003年よりカイロの南西80キロにあるファイユームの遺跡を調査していました。この二年間は、デル アル‐バナト?のネクロポリスで調査していました。

 「これは巨大なネクロポリスです」アレキセル・クロール(ロシア科学アカデミーのエジプト学センター副主任)は言いました。
「この地域はキリスト教時代にひどく略奪されたという事実にもかかわらず、コプト時代と1960年代から1970年代にかけて、われわれは黄金のマスクをつけたミイラを発見することができた」

 デル・アル-ベナトノネクロポリスはエジプトの三つの時代――古代エジプト、ローマ時代のエジプトそしてキリスト教時代のエジプト――の埋葬が確認される地域です。
 伝統的なエジプトのミイラとは別に、科学者はいくつかの、いわゆるファイユーム・ミイラと呼ばれる、ローマ期のエジプトのミイラを発見しました。
 それは死者のリアルな肖像画が木の破片に描かれ、ミイラにあてがわれています。
 
 科学者は、そのネクロポリスで見つかったものの幾つかは、初期キリスト教文学に基づく既存の理論――キリスト教徒と異教徒との間に信仰についての長く苦しい不和をもたらし続けたもの――に挑戦するものだ、と加えた。

「彼らは同じ都市に住みながら、違う神に祈っていたのだろう」 とクロール氏。

ロシアの考古学者は、メンフィスの古代エジプトの首都で、アレキサンドリアの古代部分の水中発掘調査を実施しています。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析