忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46]

●ファイユームでミイラ発見
http://drhawass.com/blog/press-release-necropolis-discovered-illahun

 SCA下のエジプトのチームによって
 ファイユームのIllahunのピラミッド地区の南西部で
 53の岩窟墓からなる大規模墓地――中王国と新王国、そして第22王朝の墓を含む――が発見されました。

 ファルーク・ホスニ文化大臣は、それらの墓はそれぞれ異なる設計であると付け加えて発表しました。
 いくつかの墓には、上部の埋葬室へつながるシャフトと、そこから下部の埋葬室へとつながる二つ目のシャフトがあるのに対し、
 いくつかは、たった一つのシャフトしかないといいます。
 
 ザヒ・ハワスSCA長官は、
 これらの墓の発掘は、リネンで包まれたミイラの入った人型の木製棺が収容されていることを知らせた、といいます。
 ミイラの外装は、装飾も銘文もとても保存状態がいい、とのこと。
 またザヒ博士は、
 多くの棺に残る焦げも回復した、と付け加えました。。
 それらはおそらくコプト時代に燃やされたのでしょう。
 これらの棺の中で、チームは15の装飾されたマスク、お守りそして陶器のつぼを発見しました。

 中部エジプトの遺物の監督で、このチームの頭であるAbdel-Rahman El-Ayedi博士は、
 供物台のある中王国時代の葬祭チャペルも発見された、といいます。
 予備的研究から、そのチャペルは次の期間に再利用され、おそらくローマ時代(紀元前30年から紀元後337年ほど)くらいまで利用されていたことが明らかになりました。
 ローマ時代にさかのぼる泥の棺とブロンズ、および銅の宝石なども、保存状態のよいファイアンスの護符などと一緒に回復されました。

***
 
日本の記事と少し大きな写真。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20090412SSXKA032712042009.html

 ほかの棺の写真。
http://www.jiji.com/jc/p?id=20090413091900-7919658&rel=y&g=soc


 発表されたのは昨日みたいです。
 もう暑くなってくるから掘らないのかと思ってましたよ……。
 それにしても本当に保存状態がいいですよね。もしかして穴場??
 しかしこっちのほうにもピラミッドあったんですね。呼び名がアラビアちっく。

4/14写真追加(ザヒ博士のサイトより)
 発掘時の写真っぽいです。焦げてる棺が、上記のサイトの写真のように綺麗になったわけですね。
http://drhawass.com/photoblog/two-coffins-found-newly-discovered-necropolis-illahun

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析