忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12]

今日もエジプトロジーニュースから。
 早くて話題が3日前(苦笑)

●ギザで古王国時代の王像が見つかりました!(火曜)
 写真二枚掲載されてます。↓

http://uk.reuters.com/article/scienceNews/idUKTRE51N3W820090224

 ギザの三大ピラミッドの一番小さいものの北側(メンカウラー王)で、等身大の王の座像が発見されました。
 砂漠の表面近くに埋まっているのを発見したそうです。

 約145センチの、珪岩(?赤っぽく見えます)でできた像で、
 肩までの長さのかつらをつけ、シンプルな椅子に腰掛け、右腕をひざの上で握りしめ、何か道具を持っています。左手はももの上に載せています。

 ただ、肩や胸や腰など多くに割れ目が入っていて、顔の特徴も磨り減ってしまっているそうです。
 彫像の頭は、地下たった40cmのところにあったといいます。

 像にはなんの銘文もなく、識別するのが難しいそうですが、スタイルからして古王国時代の早期、それも、メンカウラーの時代(第4王朝)と近い可能性があるとしています。
 だいたい4500年前、ということになってます。すごいですね!


●トリノ王名表パピルス(トゥーリン・キャノン)つづき
↓基本的なことが書いてありました。ちょっと勉強してきました。
http://egyptian-history.suite101.com/article.cfm/new_fragments_of_the_turin_king_llst

 前回は、勝手に博物館のせいにしてしまってすみません(笑)。
 発見時は完全で、ヨーロッパに持ち込んで箱を開けてみたらボロボロだった、ということらしくて、
 ここのせいではなかったそうで(汗)。
 ボロボロになっちゃうものなのでしょうか……。うう。

 ボロボロの破片は、今でもどれがどの部分か分からず、不確かな部分が多いようです(ほんとボロボロですもんね)。
 他のものとつき合わせて…とやっているようですが、でも、意見の不一致とか、まだあるみたいです。
 ガーディナーのメモした部分がいくつか欠けていたことを知り、捜索し復元中ということです。
 今後大英博物館に移し、高度な技術で保存される予定なのでといいます。
 そうすれば、不確かな部分もはっきりしてきて、また新たな「発見」があるかも、と期待されています。
 常識が覆ったりするかもですが、でも、ぜひ明らかにして欲しいですよね。
 それにしても、大英博物館、いいもの揃いますね~……。


 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析