忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86]

 『古代エジプトを知る事典』に載っていたのですが、
 実際やってみると面白くて(暇なのか!)!


 現代の、私たちは、掛け算を『九九を暗記して』やってますが、
 古代エジプトの人たちのやり方は違ってました。
 数学的に考えれば、何故これでちゃんと答えが出るのか、分かるのかもですが、
 私はそこまで検討していません……。(たぶん考えても分からない)

 とりあえず、やり方はこうらしいです。

 たとえば。21×18とかやってみましょう。

fimg_1246353048.png 
かけられる数「21」を、こんな表に当てはめます。

 乗数     被乗数
  1       21

 この表は、たてに続きます。
 下の段には、上の段にある数字を倍にしたものを書きます。
 二段目の乗数は1+1で2、被乗数21+21で42。
 三段目の乗数は2+2で4、被乗数42+42で84
 三段目の乗数は4+4で8、被乗数84+84で168
 ・・・
 で、これを、【乗数が「かける数(ここでは18)」の半分以上になるまで】続けます。
 一覧にするとこんな感じ。

 乗数     被乗数
  1       21
  2       42
  4       84
  8      168
 16      336

 「乗数」を足して「かける数(ここでは18)」になるものを選択。

  2       42
 16      336

 このふたつですよね。
 で、選んだものの「被乗数」を足したものが、答え!

 378

 ということみたいです。
 九九知らなくても掛け算できちゃいますね!!
 足していくだけの計算って、なんだか楽しいです……。

 「被乗数」になる数が、大きいほうが楽ですよね。
 どうせ、左右入れ替わっても答えは同じだから、
 14×24とかあったら、被乗数に「24」のほうを持ってきたほうがいいですよね!

 どうだろう……
 九九使ってやる今のやつより、間違いが少なくなったり……しないかな。
 どっちのほうが時間がかかるでしょうね?
 いっぱい足すのは、面倒といえば面倒そうですが……。

 本のほうには、「倍数を覚えておく必要が」とあったのですが、
 こうやって、単純に足したんじゃないかなとか……。
 いや、覚えてた人もいると思います、やっぱり。

 インド式とかもありましたが(やってみたのに忘れちゃった)
 これも面白いなあと思いました!
 息抜きにぜひ試してみてくださいね!

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析