忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123]

●KV64の発見
http://drhawass.com/blog/video-kv64-be-discovered-all-egyptian-team

***

 王家の谷を訪れたはじめの二度は、忘れることができません。
 私が初めてそこに訪れたのは、17のころでした。グレコ・ローマン期のアレキサンドリアの芸術部門の学生でした。学校が王家の谷への見学旅行を組織したのです。ほとんどの学生は忙しくその辺を走り回っているか冗談を言っているばかりでしたが、私は、多くの秘密を常に知らせているこの谷に魅了されました。その頃、私はここでずっと発掘するようになろうとは思ってもみませんでした。

 将来も分からず、私はこの谷にひきつけられており、そう感じたのは、今でさえ説明がつきません。当時、1922年の11月4日、ツタンカーメンの墓がみつかるという最後の発見がありました。
 1965年に私が谷へ訪れたとき、62の墓が知られており、そのうち26が王に属していて、残りは王族でない個人のものでした。王は誰でも谷に埋葬するように命ずることができたので、これはありえることでした。ツタンカーメン王の墓の秘密は驚くべきものでした。というのは、他のアメンヘテプ2世やユヤとトゥユのものが半ば損傷を免れた程度で見つかっているのに対し、その墓は無傷だったからです。

 王家の谷では、ツタンカーメン王の墓以来、唯一つの新しい発見を――84年後に、明らかにしました。オットー・シャデンは少年王の墓の正面に63号墓を発見したのです。
 しかしながら、我々の発掘は、以前谷で行われることのなかった初めてのエジプト人による調査旅行であったというだけでなく、最も科学的に重要なものの一つでした。我々が調査を始めたとき、我々は始めから、この地が有望であると感じることができたのです。

 我々は山を掘削し、地の中に階段がつづきその先を広間にしたものを発見しました。それは墓の入り口のようで、正確には63号墓の入り口によく似ていました。我々は付近の多くの銘を記録しましたが、それらのうちいくつかは既に知られており、幾つかは初めて見つかったものでした。うちひとつに、ウセルハトという男が父である大臣アメンエムハトのために墓を建てた、と伝えているものがありました。
 崖の中での作業はとても面白いものでした。我々は巨大なブロックを見つけ、それを動かすのにかなりの時間を要しました。その後、人工の壁(その向こうに下降階段付のシャフトがある)を見つけました。そこはまた別の墓の入り口であるようでした。また、多くの労働者の帽子をも見つけました(知っての通り、労働者は王の墓を掘ったり装飾したりするため、かつて谷に住んでいました)。一つの区画で、円形の石灰石の台(中央に穴の開いたもので、労働者の飲食物を入れていた)を見つけました。

 たとえこれら二つの入り口うちの一つもラムセス8世の墓に通じていなかったとしても、多くの偉大な王族――18王朝の王妃たちに加えてトトメス2世やネフェルティティなどを含む――がこの谷に埋葬されているらしいことを、忘れないでください。しかし、彼らの墓は未だみつかっていません。

****

 
 KV63のこと。
 NHKスペシャルのやつはあんな感じでしたが、
 やっぱり公式サイトに書いてある、日本のテレビでの放送予定は、
 9月?いや10月?にあるらしいです。こうあります↓

Fall 2009
KV-63 (*tentative title as currently in production). One of a four-part series scheduled to air in Japan in September with possible broadcast in the USA in October NHK Television (Japan Broadcasting Corporation).

 今までのことがあるから、あまり期待しすぎちゃダメなのかな。
 でも、見たいです。得るものはあるはず。
 ……でも、「四つのパートのうちの一つ」というのは、NHKスペシャルでやったのと同じ構成……やっぱりあれのことだったんでしょうか……。あああ……秋の楽しみが(涙)。

 それはおいといて、この記事は
 KV64なんですよね?(タイトルを見ると)
 ザヒ博士にしてはすごく控えめなのですが……。
 発見されたのは、一年以上前ですよね?
 もう見つかっているけど、期待できるか分からないなあ、ということでしょうか。今どの辺までいってるんでしょう。言い訳っぽいので、もう中はだいたい見えてきたのかもしれませんね。しかも、残念な方向に(涙)。そうでなければ、金ぴかの棺のある未盗掘王墓を発見したいけど、銘からすれば一般人の墓かも、ということかもしれません。それでも、もし損傷が少なければすごいと思いますが……。
 ビデオはやっぱり、聞き取れないので(涙)……。すみません。
 

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析