忍者ブログ

古代エジプトのこと

古代エジプト関連限定ブログです!

続・ニヘムスバステトの墓

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

続・ニヘムスバステトの墓

●続・ニヘムスバステトの墓

 日本の記事ネフメトバステトで通ってる気がして気になってます…
 ということは置いといて。
 
http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-16576265

 月曜のうちに棺の中見てたーー!

 ミイラ、ちゃんとあるんだそうです。
 綺麗に包まれていたそうで。

 木製の棺が無事だったので、中も大丈夫だろうとは、思ってたのですが、
 中だけ持ち出されてたり、よくあったそうなので(包帯に護符が巻かれていて、それが貴石や貴金属であったから)。

 記事にあることをいくつか。

 ・この墓の上縁を見つけたのは、去年(2011年)の1/25、エジプトで革命が始まった日。そのため鉄の扉で入り口をふさいだ。
 ・今年の発掘シーズンが始まったのが先週。調べてみると、おそらく盗掘されていない状態(王家の谷では非常にまれ)の、墓であることが分かった。
 ・王族のためでない墓は、王家の谷にも他にあるが、ほとんど18王朝のもの。22王朝のものは珍しい(とはいっても、この墓そのものは18王朝に作られたものだそうですが)
 ・この墓はトトメス3世の墓の近くにある、壁に装飾のない墓の一群のひとつである。
 ・2006年に発見されたKV63(ツタンカーメン以来初めて王家の谷で発見された墓)には棺が7つあったが、どれもミイラを含んでいなかった。

 つまり
 ツタンカーメン以降、王家の谷で初めて棺入りのミイラが発見された
 ということでしょうか。

 ちょっとセンセーショナルな(?)書き方をしてみました(笑)
 傍に置かれたステラの詳細と、
 棺に書かれたヒエログリフが気になるところです。
 クリーニングにはしばらくかかりそうですね。
 

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
あやめゆうき
自己紹介:
 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。
 最近は更新頻度が低いです。気が向いたときかくかも、みたいな。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!

ブログ内検索

最新コメント

[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

バーコード

最新トラックバック

P R

アクセス解析