忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92] [91] [90]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

●マーク・レーナー・・・大ピラミッド建設労働者の生活を暴いた人物
http://www.columbusdispatch.com/live/content/science/stories/2009/06/28/sci_Egyptologist.ART_ART_06-28-09_G3_MNE9H7A.html?sid=101

****

 4500年前、ギザ大地に巨大なピラミッドを築いた古代エジプト人たちは、ずっしりしたパンを食べ、肉片や保存された魚を自由に選べた。

 彼らは兵舎のようなところで眠り、「メンカウラーの酔っ払い」などと言う名前のついた作業集団に所属していた。

 考古学者マーク・レーナーは、この失われた町から掘り起こすのに過去20年間を費やした結果、それらの詳細を知ることになりました。

 ピラミッドとスフィンクスという、多くの人がエジプト考古学者と結び付けて考えるアイコンが近くにあります。しかしレーナーはそれを、ワシントンD.C.にあるナショナル・モールを掘り起こせばいつか誰かが見つけるだろう物であると例えます。

「ジョージ・ワシントンの時代の食事や経済や経済危機、そして300年後にそれらがどれほど変わったかを知るのに、D.C.の周囲を掘らずにどうするんだい?」と彼は尋ねます。

 彼のチームの財宝――製粉機、動物の骨そして封泥――は、パン焼き施設、兵舎および書記の家で見つかりました。

 レーナーと彼の同僚Ana Tavaresは、5月30日からCOSI(http://www.cosi.org/)で開かれている「失われたエジプト」の展覧品のためのアドバイザーでした。この話は、彼らがコロンブスにいたとき、先月に、聞いたものです。

 彼らの仕事は、動物の骨や、バッグや箱そして重要書類などに書記が用いた封泥のプリントをマッピングする区分の展示において極度に表現されます。

 彼らは古王国時代のエジプトの日々の生活に注目し、砂の下に消え去った文化へのより緻密な視点を捜し求めます。

 「COSIの展示会で用いたタイトル『失われたエジプト』は、エジプトで失われている部分、そのすべての人々と個人たちが戻されてきているのだということを現しています」レーナーはいいました。

「我々は都市全体、および人々がどのように生きていたかを再建しようとしています。したがって、どんなものでも調べます。陶器の構造、封泥のしかた、我々はそれらすべてを調べます。」

 はじめ、彼は都市を見つけなければなりませんでした。

 エジプト学者は、ピラミッド建造に携わった何万もの人々の家がどこかにあるはずだということを知っていました。

 レーナーは大スフィンクスを手でひとブロックずつマッピング調査するのに三年費やしました。それから彼は関心をギザ台地――スフィンクスと、第4王朝の3つの重要なピラミッドが建つ――に移しました。

 彼はノースダコタで育ち、アトランティスからの難民がスフィンクスの下に彼らの記録の通路を埋めたという新世代のアイデアを持つ、カイロ・アメリカン大学の大学生として、1970年代の初めにエジプトに渡りました。しかし数年費やした後、こんにち「岩盤現実」と呼ばれるものを熟知した彼は、その展望を変えました。

「それは実際に、どこに都市があったのか知ろうとし、を景観がどんな物語を伝えてくれるかと景観を調査するような、一つの科学へ転じました。
 “ここに採石場だ、ここに傾斜路がある、ここが港のあった場所だ、だから都市はこの外にある”というように」シカゴ大学で一年に三ヶ月ほど先生をしてもいるレーナー氏は言いました。

「私たちのプロジェクトのきちんとしているところは、1988年にそこに出向くことができ、その後20年間も仮説をそこでテストすることができたということです。これは科学にとって最上のことでした。そしてなにをあてましたか? そこには当然あったのです」

 そのときから、都市の三つのエリアが出現した、と、古代エジプト共同調査隊のフィールド・アシスタント・ディレクターであるタヴァレス(レーナーが失われた都市地区を調査するために設立した考古学グループへの、基金の提供者)は言いました。

 「道と周壁で細く調整された兵舎があります」彼女は言います。「またそこで見つかった家や人工品の形は、基本的に労働者のためのものであり、若い男のものであることを告げており、おそらく“回転する労働力”という点で女性や子供はいなかったと考えられます」
 
 兵舎の近くで、より小さな家の、捻じ曲がった道を備えた、より非組織的だった生活形態の村が発展しており、おそらくもっと女性や子供がいたでしょう、とタヴァレスは言います。そこに住んだ人々は家族規模で供給していたようです、と彼女は言いました。

 またその近くに、労働者たちが住んでいた町がありました。

「そこで見つかった文書の封から、管理に関する多くの証拠がみられます」彼女は言います。「そこには石膏で塗られた壁を美しく装飾したとても大きな家がありましたが、そこで見つかったものはかなり異なっていました。石の容器や、より繊細な発見物です」
 
 チームの、封に関する専門家ジョン・ノランは、バッグ・箱・つぼ・ドアに書記が残した封泥の捺印あとを、丹念に集めた、トレーナーは言いました。

「封泥にある肩書きは、国で最も高位な書記の肩書きのいくつかに当てはまります」レーナーは言います。「たとえば、“王の筆記具の監督者”とか“王家の指導者である書記たちの監督者”といった、王族や貴族の教育者のものを見ることができます」

 労働者は、クフ、カフラー、メンカウラーのピラミッドを建てるための三つの世代が終わると共にそこを去りました。

 それらの遺跡から、兵舎の区域が足首かウエストの高さにまで崩れ、砂漠の砂が吹き付け、砂の下20フィートほどに隠されたことが分かるでしょう。

 次の段階の「失われた都市」の調査は研究室内で行われるでしょう、とタヴァレスは言います。

 マッピングと発掘をしてきた20年間の後に、我々の行う必要のあることは、情報を解釈し、統合し、そして公表することです」彼女は言いました。

 レーナーは、自分は発掘作業を続けて、研究所の仕事はアヴァレスに残したいと言いました。しかし彼は、実際的な視野を得るためにむき出しにしたいくつかの建物を再建することにも興味があります。
 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析