忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[117] [116] [115] [114] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106]

●ザヒ博士とグランド・エジプシャン・ミュージアム
http://www.ngrguardiannews.com/arts/article01/indexn2_html?pdate=040809&ptitle=Egyptian%20grand%20museum%20spotlight%20Pharaoh%27s%20heritage

 カイロに新しく作られているグランドミュージアム。
 あと、ザヒ博士の評価などについても。

****

 ギザの大ピラミッドは、20年かけて作られたと考古学者は考えます。グランド・エジプシャン・ミュージアムの完成にも、同じくらいの期間がかかるでしょう。

 プロジェクトの大きさに驚くことはありません。1992年に構想された、5億5000万USドルの博物館はファラオにふさわしい仕事です。
 広大な、石で覆われたその構造は、ギザ台地の端からサッカー競技場11個分ものエリアにかけて広がります。博物館には、ツタンカーメン王に関する内容を要に10万点以上収容するでしょう。

「エジプトの遺産は観光業にとってとても重要であり、そのため我々はそれを保護すると同時に、ある方法で売っていかなくてはなりません」カイロ大学の考古学技能部(?)の学部長であり、考古最高評議会のメンバーであるアッラ・アッディーン・シャヒーン教授が言います。

 今月発表される予定のプロジェクト・マネージャーによって料金が9月に支払われ、新しくオープンするのは2013年と予定されているので、博物館はそんなにすぐにカイロにできるわけではありません。観光業はエジプト経済にとって不可欠で、訪問者からの収入はこの10年で四度の折り目を見せ、昨年は110億ドル以上にもなりました。産業はエジプト(GDP国内総生産)の11パーセントにもなります。
 
 厳しいことに、貧困が広がる7800万人の国にとって、観光業は更にエジプトの労働力の約12パーセントを使っています。遺物評議会はその給料支払い簿に約3万人を記しています。

 グランド・エジプシャン・ミュージアムは、大勢の観光客を考慮して建てられています。ダブリンに本拠を置く建築家Henighan Pengは、1日当たり1万5千人の訪問者に適応するよう、テラスのある建物を設計しました。去年エジプトを訪れた観光客の25パーセントに当たる、300万人の訪問者を年間で引きつけることです。

 しかし、観光業と考古学は簡単には交じり合いません。
 評議会の事務局長であるザヒ・ハワス博士に、夜になっても眠れない理由を尋ねると、ためらわずこう答えます。
「エジプトの考古学的財産にとっての単一かつもっとも大きな脅威は、観光です」
 たとえば幾千もの訪問者が呼吸するだけで、王家の谷の彩色された壁画に損害を与えます。
「我々が深刻に手を打たなければ、墓は100年以内に消え去るでしょう」

 かつて貸し出し自転車とひと握りのバクシーシさえあれば王家の谷を見ることができましたが、この夏から、たった一握りの観光客だけが王家の墓を訪れることを許され、その後、アポイントを取った場合のみとなりました。
 この地域は徒歩交通を制限するために開閉を交互におこなうようになるでしょう。
 乗り物はほとんどこの地域から締め出されました。しかしこれらは、エジプト遺物と旅行部門の点検整備のほんの小さな部分にすぎません。他の20の地方博物館が、群衆を引き付け(歴史的)地域から引き離すために、ギザの壮大な飾り物に加えて計画されています。

「私たちの今の目標は、観光業の需要と記念碑の保護についてを比較検討することです」ハワス博士が言います。

 カリスマ的でメディアをよく知る62歳のハワス博士は、盗まれたエジプトの遺物を外国から取り戻すことを彼の生涯の仕事としています。最近の成功は、4月のイートン校からの遺物450以上を回復したものを含みます。この英国の私立学校は、1990年代に寄贈された遺物の出所を確立することに失敗し、カイロに遺物を返すことを決定しました。

 ナショナル・ジオグラフィックやディスカバリー・チャネルへの頻繁な露出は、ハワス博士がいつも同僚から慕われているということではありませんでした。
「彼は他の考古学者を間違った方法で磨くコツを心得ています」と、ロンドンのエジプト学者が言います。
「しかし、彼の興業手腕は良い結果を出しています。彼ほどエジプトの遺物の不法貿易に対して意識の高い人はいませんよ」

 インディー・ジョーンズ・スタイルのソフト帽をしょっちゅう誇示して、ハワス博士は明らかに彼のメディアでの人物像を意識しています。「盗難品を回復させたとして知られる私の偉大な成功は、エジプトに戻すようにした5500の遺物ではなく、盗まれた遺物についてを世界中に知らしめたことです」と彼は言います。

 中東の他の職員は、彼の手本に習い始めました。広範囲なメディアの活動のおかげで、考古学者とイラクの政府関係者は2003年の米国主導の侵入以来、盗まれたイラクの遺物の交易を徐々に弱らせることに成功しています。
 湾岸国家もまた古代遺跡の観光業の可能性に気づき、国連の教育、科学的・文化的構想、そしてUAEバーレーン、サウジアラビアおよびオマーンなどに新しい博物館の設立することを、未決定のリストにあげています。

 狭く細長い肥沃な土地に5千年以上もの文明を圧縮させて、エジプトは観光業の古参者的な土地であり、その最悪な影響をはじめに経験した土地でもあります。ルクソール神殿はいまも18、9世紀の訪問者の落書きを残しています。グランド・エジプシャン・ミュージアムが開くまでの約5年間にすべきことは、これ以上の損害を防ぐことです。

 遺物倉庫におけるエジプトの警備ネットワークは共通の泥棒対策として倍増されました。1902年にカイロの下町に建てられた、堂々としているがみずぼらしい国立博物館の地下室の埃の中から何千もの遺物を集め、その内容は今カタログされています。

「博物館はエジプトの遺産を保存するために非常に重要です」ハワス博士は言います。「ツタンカーメン王のコレクションのようなものがこのように美しく飾られるのは、初めてのことになるでしょう」

 ギザの博物館のためのアイテムは、1世紀以上も前に発掘されてから一度も公になっていないものが多くあります。

「新しい博物館はこれらの遺物を保存するため、また同時に多くの人々に見せるための最善の方法です」シャヒーン教授は言います。「私たちは、これが世界で元も素晴らしい博物館になることを願っています」

*****
 
 似たようなことを繰り返し記事にしちゃいましたね。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析