忍者ブログ

古代エジプトのこと

古代エジプト関連限定ブログです!

王家の谷63号墓

●KV63、ベッドの復元と、棺の謎
http://www.kv-63.com/home.html

 ときどき取り上げられます。
 ツタンカーメンの墓の次に発見された、王家の谷(KV)の墓。
 そろそろシーズンが終わるそうです。

 まず、発見されたベッドについて。
 つぼの中から発見された、面白い形のベッド。
http://www.kv-63.com/photos2009.html

 長細い感じですね。
 ライオンさんの頭が付いてるほうが、確か頭だったかな。
 長細いというか、逆三角ですよね。
 足をそろえた感じ、ミイラにぴったしといった印象です。
 ミイラを乗せる台なのかなあ?

 足が三組、と描いてましたが、図を見ないとどういう意味か分かりませんでした。
 リネンで巻いてある木の棒。なるほど、これか!

 下のほうに、他の画像もあります。

 もうひとつ、興味深いのが、棺Bの銘文です。
 ミイラの棺にある銘文を読むために、樹脂を取り除いて、
 作業の途中の段階では、この棺の主は、「BtauあるいはButau」という名(中王国から新王国時代にかけて一般的な女性の名)と考えられていましたが、
 「Henut-wadjbu」(新王国以降によく見られる)であると判明したそうです。
 ヘヌウト・ワジュブ?かな。
 棺には「オシリス・ヘヌウト・ワジュブ、声正しき者」と書いてあるそうです。

 ところで、この銘文、
 真ん中の、縦の帯には、ヘヌウト・ワジュブの名前がぜんぜん見られないそうです。
 けれど、横の帯とエンドパネルには、書かれてるというんですね。
 もしこの棺が、もともとこの女性のために装飾されたものなら、どうして縦の帯“だけ”抹消されたのか(下のほう、消されてるそうです。この場合、死者に対して恨みをもった人・敵対者がやった、と考えられるのでしょうか)、
 またもし、「はじめは」ヘヌウト・ワジュブのために装飾されたものだった(今は違う人のもの?)としたら、どうして横の帯とエンドパネルの名前を消していないのか(この場合は、他の人(ヘヌウトワジュブ)のものだった棺を転用した、と考えられるのかな?)、という疑問が湧きます。

 もっというと、
 縦の帯の、蓋の中心より下の部分は、徹底的に消されているそうですが、
 足台の正面に、ひとつだけヒエログリフのサインが残っているというのです。
 それは、男性を表す決定詞(座る男性)のようで、
 この棺の銘文ががかつて男性のために刻まれたことが分かります。
 
 謎だらけですね……。


 さて、リンク先の写真では「イマアキイ」の部分が読めますよね。
 その横の写真は、アヌビス神かな??

 フラミンゴの写真がなんだかほほえましいです(笑)。

拍手[2回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
あやめゆうき
自己紹介:
 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。
 最近は更新頻度が低いです。気が向いたときかくかも、みたいな。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!

ブログ内検索

最新コメント

[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バーコード

最新トラックバック

P R

アクセス解析