忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[233] [232] [231] [230] [229] [228] [227] [226] [225] [224] [223]

●早稲田隊が3千年前のビール作りの長の墓を発見!(追記1/7:赤字)

早稲田隊の正式発表です(2014.1.7)
http://www.waseda.jp/rps/information/result/press/20140107khonsuemheb.html

 

 2013年の12月29日に、ルクソールの西岸で発見されたようです。
 いやいや、びっくりです!
 この壁画の美しさを見てください…!
http://www.bbc.co.uk/news/world-middle-east-25593526
 こんなものがまだ眠っているのですね……!

 こちらも!! 天井の模様がはっきり見えます!
http://luxortimesmagazine.blogspot.nl/2014/01/the-way-to-start-new-year-ramesside.html?m=0
 こうしてみると、
 残っているのは一部なのでしょうか…。瓦礫がいっぱい…。
 でもその一部が驚くほど綺麗…。
 これは、修復でまだ綺麗な部分(剥がれ落ちたもの)が見つかるかもなのかな……?


アハラムの記事を(補足しつつ)訳します。↓ http://english.ahram.org.eg/News/90724.aspx
*****

 日本の早稲田大学の調査隊が、
 「Khonso-Im-Heb(おそらくコンスエムヘブ、祭の中のコンス神の意)」の墓を発見しました。
 彼はムト女神のためのビール作りの長で、ラムセス朝期のgalleries(倉庫?)(間違いだそうです、どうやら「工房」)の長でした。
 
 この墓はTT47墓(新王国アメンヘテプ3世の時代の高官、ハレムの長ウセルハト。BC1354年頃の人物だそうです)の前庭のクリーニング作業中に偶然発見されました。
 
 コンスエムヘブの墓は2つの広間と埋葬室を備えたT字型をしています。
 そして未完の墓(Honという名のいまだ不明の人物のもの)と繋がっています。
(正式発表を見ると、先にこの未完成の墓を見つけて、それからコンスエムヘブの墓の発見に繋がったようです)

 早稲田隊のチーフである近藤二郎教授。
「墓の保存状態は良く、墓主とその家族が様々な古代エジプト神の前に描かれた場面など、すべてが彩色されています」

 『口開けの儀式』の場面も墓壁の一部にあらわされ、その天井は鮮やかな色の幾何学模様で飾られています。中核(写真を見ると、口開けの儀式の描かれた下の段? 発表によると、その「天井の」中核に、太陽神賛歌とともに描かれているようですが、写真はまだ確認できていません)には太陽の船(図を見る限り、太陽の舟ではなく、葬儀用の舟。ミイラを運ぶ船だそうです。泣き女がいるようです)が描かれています。

 考古大臣モハメド・イブラヒム氏は、アハラム・オンラインの取材にこう答えています。
 「発掘作業が完了すまで周辺の警備を強化します」
 「観光客を迎えるために、発掘後は包括的な修復作業を行うつもりです」

*****

http://www.theatlantic.com/international/archive/2014/01/discovered-the-tomb-of-an-ancient-egyptian-beer-brewer/282801/
 この↑記事の下のほうを少し訳します。

****

 コンスエムヘブはビール醸造者であるばかりでなく、作られたビールを保管しておく倉庫の長でもありました。
 彼の死後の休息の場は、彼の人生における役割そのままです。――黄金色に彩られ、活気に満ち、見る人を酔わせ(夢中にさせ)ます。
 エジプト考古大臣モハメド・イブラヒム氏はこの墓の特徴をこう説明します。
 「この素晴らしいデザインと色は、日々の生活を・・・彼らの宗教的儀礼に沿って、事細かに表しています。」


****
 

 壁画の彩色の鮮やかさ!
 こんなに残っているなんて。こんな墓が未発見だったなんて!
 壁画の美しさを強調されているということは、中には何も残ってないのかもしれませんね。
  古代、墓を閉じた直後から盗掘があったようなので、しょうがないかもしれませんね…。
 
 それにしても本当に美しいです。
 死者の書の挿絵のようですね。 いやあ、驚きの保存状態です!
 ルクソール・タイムスのものを見ると、
 『口開けの儀式』の絵がかれた壁の左側には、おそらく墓主の姿を象ったものと思いますが、像があります。彩色されていますね!
 ↑どうやら墓主の像と思われていた、端に映った像は、墓主の「娘」の像だったようですね。墓主とその妻も、隣に像があるようです。
 また、シャフトが発見されているが今は墓そのものを閉じているようで、シャフト下の埋葬室の発掘調査はこれからとなり、まだまだ発見が続く可能性がありそうです。

  

拍手[1回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析