忍者ブログ
古代エジプト関連限定ブログです!
[205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196] [195]


●第22王朝オソルコン2世のブロック発掘

2011.6.27

ザヒ・ハワス博士のブログ
http://www.drhawass.com/blog/press-release-latest-archaeological-discovery-san-el-hagar


(上の記事をおおまかに訳します)

 フランスの考古学チームが
 サン・エルハガル(タニス、下エジプト東部デルタ)で何百もの彩色また刻銘のある石灰石のブロックを見つけました。
 ほとんどは、第22王朝の王、オソルコン2世に属するもので、
 女神ムトの神殿か礼拝堂に使用された可能性があるとしています。
 チームは発掘は完了しており、これから研究を進め再建を目指し、
 どちらかを確かめたいとしています。

 フランス発掘チームのディレクター、Philippe Brissaud博士は
 これらを聖なる湖の壁をなしていたものと見ており、
 湖は30×12mで深さ6mほどと考えられるといいます。
 チームは120ほどのブロックの洗浄を終えていますが、そのうち78個に碑文が刻まれています。
 碑文に書かれた「イシェル湖の女主人ムト」という肩書きは、第21,22王朝の間にこの女神と湖を示していたものですが、そのうち二つは、オソルコン3世か4世のものです。

 ここサン・エルハガルは
 「北のテーベ」とも呼ばれ
 第21~22王朝には、王都となった場所です。
 アメン神の神殿跡が多く見つかっている場所で、

 ブロックは
 後代またプトレマイオス期に再使用されていたようです。
 

****


・AFP通信の記事(王を刻んだブロックの画像あり)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2809074/7433326

・Past Preserves(大きめの画像3つ、上記のものと、彩色ブロック、発掘現場の画像あり)
http://pastpreservers.blogspot.com/2011/06/latest-archaeological-discovery-from.html
 

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
プロフィール
HN:
あやめゆうき
HP:
自己紹介:
心はイウヌ在住。ラー神信者。

 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です(笑)。
 リンク先のブログ等をチェックし、好みで記事を選んでます……。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
バーコード
最新トラックバック
P R
アクセス解析