忍者ブログ

古代エジプトのこと

古代エジプト関連限定ブログです!

3/7のふしぎ発見「オンム・セティ」のこと

 アマゾンでうろうろしていたときに見つけた
「転生」という本の紹介で、彼女の名前を知ったのですが、
(本は見てないです・汗)
 多くの人は、興味深く見れるのではないでしょうか。

 オンム・セティは、
 この方が自身で名乗っていた「古代エジプト風の」名前で、
 本名はドロシー。
 三歳のころ、階段から落ちて、
 そのときから、自分の「前世」を知るようになった、といいます。
 自分は前世、セティ一世の寵愛を受けた巫女であったと信じており、
 セティ一世の「霊」と話すことができたといいます。

 古代エジプトは、魅力的な文明のひとつ。
 前世というものを信じれば、
 この魅力的な時代に、自分が生きていたのかも……と想像するのは楽しく、
 願い、または本当にそうだと信じる方も、多くいらっしゃるのではと思います。
 ですから、
 ここまでの話ですと、
 この「オンム・セティ」と名乗る女性は、
 そういった妄想を抱いてすごした一人である、と。
 もしかしたら、かなりの嘲笑を交えて語られて終わるものなのかもしれません。

 けれど、
 彼女は、「エジプト学者」として精力的に活動し、
 セティ一世の葬祭殿の修復作業、ギザでの発掘作業など、
 一流の仕事をこなしてきた、尊敬すべき人物です。

 発掘のために、前世の記憶を用いたり、
 セティ一世の霊との「会話」で情報を求めたりということもあったということですが、
 ただ感覚と霊的な力だけで行動したわけではなく、
 ウォリス・バッジにヒエログリフを学ぶなどしていて、
 決して「妄想が偶然に当たった」といえるような内容ではないです。

 最後まで、前世の自分と現世の自分を同一視していたようです。

*******

 こういう、
 前世とか、霊とか、
 目に見えないので絶対とはいえないですが、
 私は、安易に否定できないものだと考えてるんですよね。
 まあどっちだっていいんですが。
 どうせはっきりしたことは分からないだろうし。
 自分で納得できればいいんです。

 というか多分、
 古代エジプトの宗教思想に興味があるというのは、
 こういう点においてだと思っています。

 あ、でも、
 自分が前世に古代エジプト人だった、と思ってるわけではないんですよ!
 ここのプロフィールに、なんか書いてますけど、
 それ心の中の願望ですから!
 ほんとうに。念のため。
 確かに、どうも日本の「伝統」とか「常識」がしっくりこなくて、
 はぐれ刑事なみにはぐれてる感じがしてますが……ほら純情派だし?(意味分からん・笑)、
 それでも、自分が日本人だということを、ときどき痛感しますもん。
 あーあ、まったく。

 こういう方の存在を知って
 真っ先に思ったのは、やっぱり、

「うらやましい」

 ですよね……。ははは。
 いや、でも、
 どっちにしても、
 考古学に役立つ知識にするには、ただ「前世の記憶」だけではやっていけないと思います。はい。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
あやめゆうき
自己紹介:
 古代エジプトについて趣味で勉強中。
 正式にはまったく学んだことのない、完全な素人です。
 突込みなどは、喜んでお受けします。勉強になります。
 最近は更新頻度が低いです。気が向いたときかくかも、みたいな。

※相互リンクはエジプト関連のみ受け付けます。
 連絡はコメント欄でお願いします!

ブログ内検索

最新コメント

[05/27 ぱああん]
[07/16 匿名希望]
[01/16 天平]
[01/05 天平]
[05/26 rin]

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バーコード

最新トラックバック

P R

アクセス解析